ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

なぜ、「甘い&塩っぱい」がめちゃくちゃ美味しいのか?【科学が解明】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

甘い&塩っぱい組み合わせって、なぜか美味しい…その理由を、なんと科学が解明してくれたといいます!「Delish」の記事に紹介された理由を見てみましょう。

甘い+塩っぱいが
美〜味い理由

塩キャラメルやクリスタルソルト入りのチョコレート、さらにはポテトチップスや柿の種をチョコレートがけしたスイーツがすでに市民権を得ている昨今。とくにアメリカは顕著で、パンケーキにベーコンを乗せメープルシロップをドバっとかけたり、ポテトフライをチョコレートミルクシェイクにディップするなんて当たり前の光景も。

甘いと塩っぱいの組み合わせが、なぜにこうも美味なのか。科学者たちが注目したのは、人間の舌に約10,000個あるとされている「味蕾(みらい)」にありました。

味の感知器官
味蕾(みらい)とは?

口を開けて鏡でよ~く見ると、舌の表面にザラザラした突起が無数にあるのが分かります。これが舌乳頭(ぜつにゅうとう)と呼ばれるもので、味蕾はそこに集まっています。ちなみに味蕾は、舌上だけでなく軟口蓋にも。

さて、味蕾のなかには、だいたい50〜100の味覚受容細胞があり、それぞれの細胞が直接、味覚神経と直結し脳にシグナルが送られて味を認識する。これが一連の流れです。

甘味、塩味を感じる
神経は別々だった

一般的に味の基本5要素と言われる、甘味、塩味、苦味、酸味、そしてうま味。これらを感じ取る細胞は、それぞれ異なる味に反応しています。公益財団法人「塩事業センター」によると、甘味や塩味を感じる神経が別々に存在しているため、味の伝達の速度が微妙に異なり、塩味は甘味に比べ早く伝わるんだそう。

塩キャラメルやチョコレートプレッツェルなど、まず先に塩っぱさを感じた後に、甘さがじんわり訪れる。ゆえに、甘さが一層際立って感じられ、塩味が甘さの引き立て役となる「対比効果」が生まれます。

塩と砂糖のマッチングが
直接的に脳に甘さを届ける

ところで、砂糖と腸内の甘味受容体タンパク質が作用すると、甘味を感じる取る細胞が活発化して、脳に信号を送り、これが甘さとして感知されるというのが、これまでの定説でした。

が、「Delish」が伝えるところによると、PNAS(全米科学アカデミー紀要)に発表された新たな論文で、「いつくかの甘味受容体は、舌の上でも甘味細胞を特定することが可能」であることが判明。

Robert Margolskee博士に率いる「Monell Center」の研究者たちは、マウスの舌上の甘味細胞に、SGLT1受容体があることを発見しました。これをざっくり説明すると、ナトリウムが存在する場合にのみ、糖を細胞に運ぶ役割を果たすタンパク質です。

詰まることろ、なぜ塩味によって甘さが強調されるか?という理由がここにあるとMargolskee博士。砂糖が塩と一緒に口に入るときに、この受容体が活性化されるという結論に至りました。

食べ過ぎは依存のキケン!?

砂糖を摂取すると快楽中枢が刺激され、脳内からエンドルフィンが分泌されます。これは、心をリラックスさせたり、病気への抵抗力を高める効果の反面、依存度が高いとも。

甘いものと塩っぱいものの繰り返しによる無限ループを、1つでまかなってしまう、これら“甘じょっぱい”スイーツですが、当然食べ過ぎには注意が必要。ハマる理由は分かりますが、意志をしっかりと保ったほうがいいかも!

Reference : 塩事業センター,Delish,Monell Center.

関連記事リンク(外部サイト)

アボガド、ラズベリー、大麦など…。「食物繊維」が豊富な食材11選
「ティラミスまで!?」アッという間にスイーツになるマシュマロがすごい!
落ち込んだときに慰めてくれる、「納豆たまごかけごはん」がウマ優しい!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP