ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

近ごろ人気が高まる鉄のフライパン 使い込む熱源を選ばず

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 鍋や包丁などを厳しい目でセレクトする『釜浅商店』の店主・熊澤大介さんは、ここ2年ほど鉄のフライパンの人気が高まっていると言う。

「時短ばかりの風潮に疑問を感じ、丁寧な暮らし方に憧れる人が増えたことがきっかけでは。鉄は重さや手入れの面倒さで敬遠されてきまし たが、使い込むことで扱いやすくなり、多くがIH、ガス、オーブンと熱源を選ばない点も人気の理由でしょう。

 温まると熱を蓄えてじっくり放出するので、食材を入れても温度が下がらず、炒め物に最適。熱に強く、強火で炒めると野菜は水分が飛んでシャキッと、肉はジューシーに。食材のこびりつきやサビやすいという難点はありますが、手入れをするほど使いやすくなります。一枚板の鉄を機械でプレスするものが大半ですが、職人がハンマーで叩いて成形(打出し)するものもあります」(熊澤さん)

 フライパンといえばプロのように振ることを想像してしまうが、コンロに置いたまま菜箸で食材を混ぜれば適度に火が通るので、重さはあまり気にしなくてもいいと言う。

 一方、コーティングも進化している。便利グッズからプロ仕様まで多彩な調理道具が揃う『飯田屋』六代目の飯田結太さんは、「コーティング系の大半は今でもフッ素です。はがれやすいので何層にも重ねたり、他の素材と混ぜることで、強度を増したものも。気軽に使いたい時には もってこいです」と話す。

「火にかけると短時間で温まり、食材がこびりつきにくいので、扱いがラク。忙しい朝やパスタソースと和えるなど手早 く料理したい時に便利。フッ素を何層も重ねたり、チタンやダイヤモンドを混ぜたものは長持ちしますが、たいていのものはきちんと手入れしていても3年前後 が寿命です」(飯田さん)

 フッ素コートはIH用とガス用があり、IHは急激に高温になって焦げやすいため、底を厚めにしている。値段は若干高めだがガスにも使え、じっくり火が通るので料理の味もアップ。特徴を知って使い分ければ料理上手に!

撮影■高橋進

※女性セブン2016年4月28日号

【関連記事】
歯のびっくり新常識 歯ブラシ濡らさず必要以上にすすがない
鍋の湯気で部屋を温め暖房代を浮かせる「鍋料理節約術」ほか
ほうれん草をゆでずに生のままで1週間冷蔵保存する裏技

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。