ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

金本監督が負けてもファンが絶賛 番記者も初体験の光景

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「今年は違うで!」──阪神ファンの威勢のいい声が至るところから聞こえてくる。気の早いことに、ナニワの街は早くも優勝目前かのような熱気だ。お膝元の尼崎中央3丁目商店街には、もう「マジック点灯」の看板が掲げられた。

「優勝したら、監督の背番号にちなんだセールをやるんですわ。星野監督のときは77円セール、岡田監督時代は80円やったね。金本監督が優勝したら6円セールかいな。そらちょっと困るなぁ」

 商店街の幹部は頭を抱えるが、顔は笑っている。ここ数年は激辛のコメントばかりだった虎党のタレント・ダンカン氏さえも手放しでホメちぎる。

「去年までは“しょうもない負け方をしやがって”と怒っていましたが、今の阪神は負けた翌日も球場に足を運びたくなる試合をしている。開幕戦からルーキー・高山(俊)を1番に、2年間で1度も一軍出場がなかった横田(慎太郎)を2番に据える。7年ぶりの開幕一軍となった岡崎(太一)もマスクを被った。これまでの阪神にはなかった勇気ある起用です。彼らが不調のキャプテン・鳥谷(敬)の穴を完全に埋めている。

 8日の広島戦では、お調子者の西岡(剛)がサヨナラヒットを打って、お立ち台で泣いたんですよ。全員が勝ちに向かって必死になって動いている。その姿勢がファンを感動させているんです」

 西岡は開幕3戦(3月27日・中日戦)でも、気迫のヘッドスライディングで内野安打をもぎ取った。レギュラーを横田に奪われ歯ぎしりしていた江越大賀も、起用されると4試合連続本塁打で気炎を吐いた。生まれ変わった理由は、金本監督にあるとファンは声を揃える。

「生え抜きの若手を大胆に使って、あとは細かいことをいわずに背中で引っ張っていく。金本監督は、阪神ファンが一番シビれるタイプの指揮官です」(阪神ファンの経済評論家・江坂彰氏)

 確かに、グラウンドでの金本監督の気迫はただならぬものがある。9日の広島戦。レフト前にあがったフライを福留孝介がダイビングキャッチ。いったんは捕球していないとジャッジされたが、金本監督はすぐさまベンチから飛び出し猛抗議。審判はその剣幕に気圧されたのか、判定はアウトに覆った。黄色で埋めつくされた甲子園のライトスタンドからは「アニキぃ~!」の大合唱が巻き起こった。

 オドオド感がにじみ出る某在京球団のイケメン新監督とは対照的に、監督1年生とは思えない存在感だ。

 翌日の試合(10日・広島戦)は6回までに4点差をつけられる劣勢。7回の攻撃を前に円陣を組み金本監督が檄を飛ばした。

「このままズルズル終われば(去年と)何も変わってない。何とかしろ!」

 すると最終回、3番江越がボテボテのサードゴロをヘッドスライディングでセーフにするなど闘志あふれる猛攻で1点差にまで詰め寄った。

「負けたものの、スタンドからは“ようやった!”と拍手が沸いた。負けたのに六甲おろしを歌い始める連中もいた。長い番記者歴でこんな光景は見たことない」(スポーツ紙担当記者)

※週刊ポスト2016年4月29日号

【関連記事】
阪神 明るい金本監督のおかげでムードはいいが動きすぎ
ヨネスケ 大学時代から知る同郷の高橋由伸を勝たせたい
金本氏 新井貴浩は「ダメダメ」、阪神入閣「ありえませ~ん」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP