体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

週末プチ断食で体をリセットしよう

週末プチ断食で体を
リセットしよう

週末プチ断食で体をリセットしよう

春は新たな出会いと別れの季節。
GW明けくらいまでは送別会や歓迎会など人とあつまる機会も多い時期ではないでしょうか。
みんなで集まり楽しい食事の席ではついつい食べ過ぎてしまったり、飲み過ぎてしまったり……。
はたまた時間を忘れて遅くまで食べ続けてしまったりしていませんか?
気づけばいつもの服がなんだかキツイ、胃腸が重くてなんだかムカムカする……。
今回はそんな方におすすめの「半断食」についてご紹介します。
GWに特別な予定がない方はぜひトライしてみてはいかがでしょうか。

断食についての基礎知識

断食とはその文字通り一定期間食事を断つこと。
宗教的な考え方として精神を鍛えたり、願いをかなえたりするために行うこともありますが、ここでは健康法の一つとしてご紹介しましょう。

断食の期間には大きく2つあります。

①本断食
本断食は断食の中でも期間が長く、その期間はだいたい3日間(もしくは3日以上)で設定されています。
ただし、3日間という長い期間になると断食中の健康管理をきちんとする必要性があるため、専門の知識を持った人や医師や栄養士とともに、できれば断食を行う専門施設などを利用して行うことをおすすめします。
最近ではホテルの宿泊プランに断食プランなるものがあり、ドクターのサポートもついていたりするので、そういったものを利用するのも一つです。

②半断食(プチ断食)
一方「毎日仕事や家事で忙しい中、3日間も断食できない」という方に向いているのが「半断食」です。
最近では「プチ断食」とも呼ばれていて、実践している人は少なくありません。
半断食では、週末や休みの日を利用して、半日~1日を断食期間にあてるもの。本断食に比べると期間が短く効果がないように思われがちですが、体の中では確実に変化が起きますので、無理なく断食に挑戦してみたい方や初心者の方におすすめです。

現代人の内臓は常に残業をしているお疲れ
サラリーマンのよう

私たち日本人は非常に豊かな環境で暮らせているため、食べ物をいつでもどこでも簡単に手に入れることができます。
例え真夜中でもお腹がすけば開いているお店はたくさんありますし、家の中にもストックしている加工食品やスナックがたくさんあるはず。
私たちは食欲をいとも簡単に満たすことができる社会に暮らしているのです。
しかし、その便利な生活の反動として、内臓の活動時間は昔に比べて非常に長くなり、内臓には常に多大な負担がかっています。
私たちも残業をすると普段より疲れやすくなったり、睡眠時間が短くなったりするように、内臓も働く時間が長くなると残業を押し付けられているような状態となり、休む時間が無くなることで「お疲れモード」になってしまうのです。

内臓が疲れると体のあちこちに不調が現れる

例えば胃の負担が大きくなると消化不良となり、胃痛や胸やけの原因となります。
さらに、うまく消化できなかったり、不規則なタイミングで食事を摂ったりすることで今度は吸収~排泄にかかわっている「腸」にも負担がかかります。
腸は栄養素の吸収や排せつに関わる器官ですので、腸の働きが鈍くなるとせっかく摂った栄養素もうまく吸収できなくなったり、便秘になりやすくなったりします。
胃から小腸、肝臓、大腸、腎臓とまるでドミノ倒しのように、内臓機能がどんどん低下し、その結果、肥満や肌荒れ、精神的なイライラとさまざまな不調を引き起こすのです。
そこで大切なのが「内臓を休ませること」。
毎日休みなく働く内臓にこそきちんと「お休み」を与えることで、元の元気な働きを取り戻すことができます。

さっそくトライ!効果的な半断食の方法

週末を利用して行うプチ断食(週末断食)の方法は以下の順序で行うことをオススメします。

【金曜日(準備の日)】
突然食事を断つのではなく、前日から軽めの食事にすることで徐々に体を慣らしていきましょう。
この日はアルコールや揚げ物といった刺激物や消化に時間のかかる食事は避けるようにします。
できるだけ野菜中心の温かいメニューを意識して食べましょう。
また、就寝3時間前には食事を済ませること。
決してお腹いっぱいの状態で眠りについてはいけません(胃にものが入ったまま寝ると、消化不良の原因となります)。
またこの日から喫煙者はタバコも控えるようにしてください。

1 2次のページ
カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。