体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

猫3匹も人もハッピー、240万円のリフォームでどんな空間に?

猫3匹も人もハッピー、240万円のリフォームでどんな空間に?

昨年から話題の「ネコノミクス」。私の周りにも「ペットのために使うお金は惜しくない」と言う人が多いのは確か。

今回は猫のために素敵なリフォームをしたお宅があると聞き、犬猫と暮らす筆者は興味津々!“猫のための住まいの工夫”を教えて頂きました。

こだわりの自然素材で、猫も人も安心&快適

東京都台東区にある築18年のマンション、3匹の猫と暮らす50代女性Kさんのお宅。9年前にリフォーム後、2度目のリフォームということ。

今回は自然素材やリサイクル材を使って、猫にも人にも優しい安らげる空間にしたかったとのこと。

壁は天然のシラス土を使った塗り壁。シラス土は消臭・殺菌などの効果がありペットを飼っている家にはもってこいの自然素材。シラス壁は調湿効果もあるので、猫にも人にも快適な空気環境を保つことができる。【画像1】キッチンからリビング方向を望む。ワンルーム空間にリビングとの間にキッチンから土間を通した面白いプラン!(画像提供:ミサワホームイング) 【画像1】キッチンからリビング方向を望む。ワンルーム空間にリビングとの間にキッチンから土間を通した面白いプラン!(画像提供:ミサワホームイング)【画像2】ここに居た!やっぱり猫は階段が大好き。窓辺につながる特等席は、収納に合わせてプランされた猫用の階段(画像提供:ミサワホームイング)

【画像2】ここに居た!やっぱり猫は階段が大好き。窓辺につながる特等席は、収納に合わせてプランされた猫用の階段(画像提供:ミサワホームイング)

以前の壁は手漉き和紙のクロス貼りだったので、猫ちゃんたちが爪を研いでボロボロに… 塗り壁になってからは、お利口にボードで爪研ぎしているそう。

もう一つ印象的な自然素材が、カウンターや収納扉などに使われた杉の足場材。

足場材とは工事現場などで使われた足場の板をリサイクルして使うもので、Kさんこだわりの素材である。使い込んだ古材感によって、シャビーシックなインテリア・デザインに仕上がっている。【画像3】残った足場材をインテリアに使ったり(左)雰囲気のある扉ラッチ(右)もKさん自身がDIY。爪も研ぎ放題?(画像提供:ミサワホームイング)

【画像3】残った足場材をインテリアに使ったり(左)雰囲気のある扉ラッチ(右)もKさん自身がDIY。爪も研ぎ放題?(画像提供:ミサワホームイング)

収納力アップでスッキリ空間!猫も自由奔放に行ったり来たり

今回のリフォームでキッチンはカウンター式にレイアウト変更。

土間を玄関からキッチン内まで通し、ダイニング側は小上がりで高低差を付けてある。この下は床下収納になっていて、あふれていた書類などが片付いたとのこと。【画像4】お料理をふるまわれる機会が多いKさん。床の高低差でお客様との目線が丁度良いレベル、お店のよう!(画像提供:ミサワホームイング)

【画像4】お料理をふるまわれる機会が多いKさん。床の高低差でお客様との目線が丁度良いレベル、お店のよう!(画像提供:ミサワホームイング)

そして、キッチンのカウンターは開閉式!調理時には立てて使い、使わないときは閉めて大きなダイニングテーブルに。猫がコンロや水まわりに入らないための工夫でもある。【画像5】奥にはパントリーも設けられ、キッチンまわりもスッキリ収納(画像提供:ミサワホームイング)
1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。