ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「恋愛」に活かせる“仕事スキル” 「仕事」に活かせる“恋愛スキル”

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:blog-media:20160415175103j:plain

人材コンサルティング会社・株式会社ジョヤンテ代表の川崎貴子です。

私は本業の他に「婚活結社魔女のサバト」という女性向けの婚活勉強会を主宰しております。毎回その勉強会を始める前に、全員の近況を聞くのですが……

「仕事が忙しくて恋愛や婚活どころではなかった」

という報告を受けることが多いです。そのたびに、私は片眉を上げて「それは言い訳ですよ」と、くぎを刺しています。

確かに、繁忙期や大きなプロジェクトに関わったりすれば、究極のプライベートである「恋愛」「婚活」は後回しになりがちです。サバトのメンバーはキャリア女性も多く、責任者や管理職になれば、なおさらその傾向が強まってしまうのはよく分かります。

ただ、私の周囲のバリキャリといわれる女性たちは、ある種“どう猛”なほど(笑)、激務と恋愛、もしくは結婚生活を両立させています。観察しているとよく分かるのですが、彼女たちは、何も寝ていないわけでも、自由な時間が多いわけでもなく、「仕事で培ったスキルを恋愛に、恋愛で培ったスキルを仕事に」と上手に転用し、活かしているのです。

「恋愛」に活かせる“仕事スキル”とは?

f:id:blog-media:20160415174822j:plain

1.スケジューリング力

「仕事もプライベートも忙しくて彼になかなか会えない」と、言っているようでは恋愛新入社員。誘われるがまま、女子会やら趣味のサークルやら会社の飲み会などなど、仕事も忙しいのに予定が埋まってしまい、気付いたら大切な彼と予定が合わない……なんていうのは「できない女」そのものです。

仕事では、そのタスクの「緊急度」と「重要度」を見極めた上で、優先順位を付けて「スケジュールを立てる」必要があります。これはプライベートタイムにおいても同じことが言えます。「自分の人生において、今現在、重要度の高いものは何か?」をしっかり把握して「スケジュールを立てる」ことができれば、大切な彼を失くさないで済むでしょう。

2.交渉力

全く同じ価値観の人間がいないように、同じ恋愛観を持つ男女もいません。なので、どんなに好き同士の二人でも争いが起きるわけです。特にありがちなのが「彼が○○してくれないのは私のことが好きじゃないからだ」と、勝手に妄想してすねて破局するパターン。これは本当にもったいない!

恋愛中こそ、仕事で培った「交渉力」をいかんなく発揮し、自分と相手の快・不快の感情をすり合せることが大切です。交渉というと、理路整然と「切った張った」するイメージが強いですが、仕事上でも交渉上手は決して攻撃的ではありません。相手と自分の利害を把握して、折衷案や代替案を用意し、柔和な雰囲気でポジションを取っていく様子には「お見事!」と叫ばずにいられない。相手は交渉されたことすらよく分からないのがプロの技ですので、ぜひ恋愛の現場でも存分に活かしてくださいませ。

「仕事」に活かせる“恋愛スキル”とは?

f:id:blog-media:20160415174904j:plain

3.コミュニケーション能力

恋愛するということは、優しい言葉をかけたり、笑顔を見せたり、何かプレゼントをしたり……デイリーに喜ばせたい相手ができるということです。また、お付き合いをすれば、毎日メールで互いの思いをやりとりしたり、休日のデートでは会っておしゃべりしたり……要はコミュニケーションを取らざるを得ない状況になるわけです。

業務連絡以外の会話が日常に多ければ多いほど「コミュニケーション能力」は上がります。あるデータによれば、既婚者と独身者では既婚者の方がコミュニケーションスキルは高いという結果が出たそうです。これも、既婚者は帰宅後に妻や夫や子供たちと、毎日なんらかのコミュニケーションを取っているからで、「今日はプライベートでコンビニの店員さんとしか話していない」とは、シチュエーション的になりづらいからではないでしょうか?

企業が採用活動で重要視していることの一つは「コミュニケーション能力」であり、ビジネス上ではありとあらゆる場面で高いコミュニケーション能力を求められます。その能力が、大好きな人とのやりとりで培われるなんて一石二鳥! ぜひとも、お仕事の場面で活かしちゃってください。

4.ストレスマネジメント能力

近年、ストレスによる精神疾患から仕事をリタイヤ、もしくは休業する人が増え、「ストレスマネジメント」はビジネスマンの必須スキルになりました。

大変残念なことに、ストレスのない社会、ストレスのない人など存在しないので、自分が何に不快を感じ、何に心地よさを感じるのかを把握し、体に症状が出る前に何らかの対処が必要となります。

究極のプライベートである「恋愛」シーンでも、良いストレス・不快なストレスが発生します。喜びや感動も大きいですが、一人のときに感じる気楽さとはまた別で、デート中などは相手から受ける刺激に常に反応することになります。でも、好きだから、そこに喜びがあるからプライベートで会い続けるわけで、それを繰り返すことによって自分のツボや地雷、快・不快の種類や許容範囲が分かってくるのではないでしょうか?

恋愛は、相手を知ることも大きいですが、振り返れば「自分はどういう人間なのか」を知る行為であったと最近つくづく思います。恋愛で培われた「自分を知る力」「心の状態を把握する力」を、仕事でも上手に活用してストレスに対処して参りましょう。

最後に

上記で挙げた他にも、恋愛スキルと仕事スキルは数多くリンクしています。私自身「仕事で培ったスキルが役に立ったわ~!」と、近年痛感しました。それは「結婚後」です。子供が生まれ、夫や親族やベビーシッターさんなどの手を借りながら、仕事と子育ての両立をしていた時です。身内やベビーシッターさんの間でメーリングリストを作り、引き継ぎや情報共有のオペレーションを決め、何よりも皆のモチベーションが下がらないように工夫を凝らしていました。結果的には、皆が子育ての当事者としてやる気を持って娘を育ててくれました。仕事でマネジメント経験を積んでおいて良かった……と、心から思った次第です。

「スキル」は持って生まれた才能ではなく、習得できる「技術」がほとんどです。そして、さらに汎用性があるならば、人生を豊かにするためにも身に付けておいた方が絶対にお得。チャンスを逃さず、貪欲に習得してゆきましょう!

著者:川崎貴子

川崎貴子

1972年生まれ。埼玉県出身。1997年に働く女性をサポートするための人材コンサルティング会社(株)ジョヤンテを設立。女性に特化した人材紹介業、教育事業、女性活用コンサルティング事業を展開。女性誌での執筆活動や講演多数。著書に「結婚したい女子のためのハンティング・レッスン」「私たちが仕事を辞めてはいけない57の理由」「愛は技術 何度失敗しても女は幸せになれる。」「上司の頭はまる見え。」がある。2014年より株式会社ninoya取締役を兼任し、ブログ「酒と泪と女と女」を執筆。婚活結社「魔女のサバト」主宰。女性の裏と表を知り尽くし、フォローしてきた女性は1万人以上。「女性マネージメントのプロ」「黒魔女」の異名を取る。10歳と3歳の娘を持つワーキングマザーでもある。Facebookはこちら

関連記事リンク(外部サイト)

職場に「苦手な人」がいる時に。ストレスを感じないための4つの心得
頭脳明晰、けれど冷酷?!エリートに多い「サイコパス上司」の見分け方
非効率な会議におさらば!進行力を上げるファシリテーションのコツ

リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。