体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

その頭痛、ただの頭痛じゃないかも・・・!? 危険なサインの見分け方

00011357785_Large 21051-220x354モノの見分け方事典(編:ホームライフセミナー)

食材の鮮度、食べごろ、高コスパ品、病気のサイン、安全な場所、他人の心理…など、オールジャンル・365日役立つ「見分け方」を初めてイラスト図解で網羅した全く新しい事典。

「もしかして、これって病気?」なんて時に、適切な判断ができるかどうかは、生死を分ける可能性があります。今回は『モノの見分け方事典』より、病気や体の不調のサインを紹介します。頭痛、腰痛…もし少しでも体に異常を感じている場合は要チェックです。

「ただの頭痛」と「危険な頭痛」

000057026564_Large

頭痛には、特に異常のない「一次性頭痛」や「偏頭痛」といったもののほかに、別の病気の症状として表れる「二次性頭痛」と呼ばれるものがあります。クモ膜下出血や脳腫瘍といった命に関わる病気のサインの役目を果たすこともあるので、「どうもおかしい」と思ったら、すぐ病院へ。ただの頭痛は2、3日で治りますが、危険な頭痛は1週間経っても治らないことも。

「風邪」と「インフルエンザ」

インフルエンザの恐ろしい点は、その増殖スピード。体に1個のインフルエンザ・ウイルスが入った場合、8時間後には100個に、24時間後には100万個と、ハイスピードで増殖していきます。急な高熱が出るのはそのためです。風邪の症状は「鼻水や咳」に対して、インフルエンザは「急な高熱、悪寒、関節痛」などが症状としてあげられます。

「皮下脂肪」と「内臓脂肪」

000026186952_Large

皮下脂肪と内臓脂肪ができる要因はそれぞれ異なります。皮下脂肪は文字通り皮膚の下につく脂肪。暑さ寒さから体を守る役割があります。一方で内蔵脂肪は、内臓の周りにつく脂肪のこと。両者とも、少なすぎても多すぎても、健康に影響する脂肪です。ちなみに、皮下脂肪はつまめるお肉、内臓脂肪はつまめない、と覚えておくといいでしょう。

「偏頭痛」と「緊張型頭痛」

偏頭痛は下を向くと痛みが増すと言われますが、緊張型頭痛は下を向いても痛みは変わりません。緊張型頭痛は、肩や首の筋肉が緊張することで起きます。定期的にマッサージに行って、筋肉をほぐしましょう。一方、偏頭痛は脳の血管が急激に拡張して起きます。血管の拡張がともなう偏頭痛を放置すると、脳梗塞のリスクが通常に比べてなんと約7倍も高くなると言われています。

「虫歯」と「知覚過敏」

知覚過敏は、葉の表面のエナメル質がこすれてしまうことによって起きる症状です。数十秒から数分しみる虫歯と違って、痛みは10秒ほどで収まるため放置する人が多いですが、実はかなり危険。知覚過敏が進行すると、さらに重い症状である歯髄炎になることも…。

「ぎっくり腰」と「ヘルニア」

00027029062_Large
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy