体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ジャニゴトまとめ Vol.3】これは夢…? ジャニーズだらけの野球大会に行ってきた<前編>

OKMusicが運営するMusicHubzに投稿された、ジャニーズファンの熱〜いノートを紹介する「ジャニゴトまとめ」。

第3弾は早くも番外編! 4月13日に東京ドームで開催された『“東京ドームに全員集合”みんなにサンキュー!ジャニーズ野球大会』の潜入レポートを<前編><後編>の2回に分けてお届けします♪

《ジャニゴトまとめ Vol.3 ラインナップはこちら》
・『ジャニーズ野球大会』の歴史をおさらい
・ ジャニ担スタッフ、東京ドームへ行く。
・ 会場内はまるで年末の東京ドーム!?
・ 早めに入場すると公開練習を見学できる!
・ 塚ちゃんはバク転、ふみきゅんはアノ人のモノマネ!?
ジャニゴトまとめ (okmusic UP's)
そもそもジャニーズ事務所が誕生したのは、かつて通訳・英語教師をしていたジャニーさんが子供たちを集めて結成した野球チーム“ジャニーズ”がきっかけ。ジャニーズと野球は深〜い関係にあるのです。

『ジャニーズ大運動会』自体は1990年に始まったイベント。2004年まで毎年開催され、それ以降は2009年、2011年のみ開催されました。

久々の開催となる今回は、V6の坂本くんやKAT-TUNの亀梨くんといった野球経験者をはじめ、ジャニーズ事務所きってのスポーツマン合計106名が大集合! 近藤真彦さんが監督のJ.Redと東山紀之さんが監督のJ.Whiteによるガチンコ勝負が繰り広げられました\(^o^)/

開催発表後に投稿されたノートからもファンの期待の高さが伝わってきますね♪

ジャニ担スタッフ、東京ドームへ行く。
ジャニヲタの仲間入りをして初の『ジャニーズ野球大会』。発表直後からソワソワしているジャニ担スタッフに課せられたのは、『ジャニーズ野球大会』の潜入レポートだった−−−……。果たしてジャニ担スタッフはジャニーズ達の麗しき野球大会をレポートできるのか!?

<登場人物>

名前:ジャニ担スタッフ

・趣味と仕事を兼ねる(自称)職業・ジャニヲタ

・堂本光一担

・「野球のルール? 打って1周回れば1点でしょ?」

ジャニ担スタッフ「東京ドームに到着しました! こんなに大きい会場でアイドルが野球って贅沢だなぁ……」

今後ジャニーズの野球大会が開催されたときのために、素朴な疑問を解決するのもジャニ担スタッフの使命のひとつ。

<ジャニ担スタッフの疑問>

・うちわ&ペンライトは禁止?

・着席と立ち見どっち?

・観戦しながら飲食していいの?

これらの疑問を胸に、いざ東京ドームへ!

会場内はまるで年末の東京ドーム!?
ジャニーズのファンが一度は夢見るアリーナ席は、もちろんですが全面芝生に! 本来ここは球場であるということを改めて実感させられます。

ジャニ担スタッフ「わ〜! いろんなグループのファンがいてカウコン(※)みたい!」

※カウコン=『ジャニーズカウントダウン』の略。同じく東京ドームで開催されるジャニーズ年末の恒例行事。

座席についてほっと一息。客席を見渡すと……あたりはジャニヲタ三種の神器(※)と囁かれる“うちわ”を持ったファンの姿が!

※ジャニヲタ三種の神器=うちわ・ペンライト・双眼鏡

過去にコンサートグッズとして販売されたメンバーの顔が印刷されたうちわや、担当の名前や“ピースして!”などのメッセージがデザインされた手作りのうちわの数々……。

その光景はまさに、春先に訪れたカウコンそのものだったのです。

早めに入場すると公開練習を見学できる!
ジャニ担スタッフ「あっ、もうすでにJ.Whiteの練習が始まってる。光一く〜ん!」

『ジャニーズ野球大会』は開場が16:00。スタートは18:00からですが、なんと開演前から両チームの公開練習を見学することができるんです。

そのため、開場と同時に入場口にファンが殺到し、開場時間を1時間過ぎる頃には会場がほぼ満席に(゚o゚;)

せっかく『ジャニーズ野球大会』を観戦するなら、担当の練習姿までしっかり目に焼き付けたいという気持ち、よくわかります……!

ジャニ担スタッフ「髙木くんと横尾くんがキャッチボールしてるー!」

グループの垣根を越えたキャッチボールがそこらじゅうで行なわれるという、ファンにはたまらない光景に会場は大興奮。これでチケットが3,500円だなんて、かなりお得じゃないですか?

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。