ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

夏木マリ、2度目の全国ツアーがスタート「去年“最初で最後のツアー”って言ったけど、今年もやります!!」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
夏木マリ、2度目の全国ツアーがスタート「去年“最初で最後のツアー”って言ったけど、今年もやります!!」

渋谷・TSUTAUA O-WESTにて、2度目の全国ライブハウスツアー「Mari Natsuki Magical Meeting Tour Live & Talk 2016」全11公演の初日公演が行われた。

同ツアーでは新曲を中心にパワフルなライブパフォーマンスと、昨年大好評だったQ&A式でのメッセージトークも開催された。

ライブはミニアルバム「朝はりんごを食べなさい」の1曲目でもある「Happy Together」からスタート。自らエレキギターをかき鳴らし唄い上げ、観客達のテンションを一気に上げた。続いて忌野清志郎が亡くなる1年前、夏木の作詞に楽曲を提供してくれたという「神さまへ」。そして「わたし、今夜は楽しいー!!」の雄叫びから始まる「CONNE」では観客達に、そして自らに言い聞かせるように叫び唄う。

MCでは、14日夜に発生した熊本の地震に関して触れ「まず、昨夜の地震でお亡くなりなった方々のご冥福と、今、大変な思いをされている方々にお見舞い申し上げます」と述べた。4曲目では「もう一度音楽で光が当たれば、、」という想いを込めてロッド・スチュワートもカバーをした名曲「それはスポットライトではない」(日本語詞:浅川マキ ※オリジナル/ジェリー・ゴフィン)を歌い、夏木の幅広いカバー曲達の中の1曲が披露された。

ライブ初披露となる「ALLIANCE」では輝く女性たちと「ALLIANCE(同盟)を組んで自分らしく人生を輝かせていきましょう!」というメッセージを込めて唄い上げた。続いてフラワーカンパニーズの大ファンと豪語する夏木がお気に入りの曲「深夜高速」をカバー。「マグダラのマリア」は前曲でも唄ったフラワーカンパニーズ鈴木圭介が夏木の為に作曲を手掛けてくれた曲。「人生陽があたっていない時も素敵に生きていたら、陽が当たった時にはもっと素敵に生きられる」という想いを込めて唄う姿は印象的だった。

ライブも中盤を差し掛かった頃クランケ達に「みんな、朝はりんごを食べてる?」と問いかけると会場内は多くの笑い声が。すっかり浸透した4月13日にリリースをしたミニアルバム「朝はりんごを食べなさい」のタイトルチューンを披露。ゆず・岩沢厚治が楽曲提供をしたこの曲は3声のコーラスで構成されており、クランケ達をパートごとに別けて会場内は大合唱の渦となる。

続いて仲井戸”CHABO”麗市が作詞・作曲を手掛けた、夏木が60(ロクマル)を記念して制作した「キャデラック」、斉藤和義の楽曲「ささくれ」をカバー、ロックチューンが続いたところで自身の半生を赤裸々に唄った「60blues」を披露。「スワサントンブルース」(スワサントン:フランス語で「60」という意味)と読むこの曲は60(ロクマル)の節目に制作した「夏木マリ」の自伝曲。

そして昨年大好評だった、今回のタイトルにも銘打っている「Live & Talk」の通り、夏木マリ企画のミーティングタイムに突入。ライブハウス特有のクランケとの距離の近い空間で繰り広げられるQ&Aは観客と一体となって和やかな空気に包まれた。

ミーティングも大盛況の中、途上国の子供達に音楽とバラで教育環境、その母親でもある働く女性たちの雇用整備向上を目指し活動をしている「One of Loveプロジェクト」。このプロジェクトに賛同した女性ボーカリスト達がコーラスユニット「and ROSEs」を結成。

このツアーでは夏木マリがソロで「紅のプロローグ」を披露。「逆走BBA」のイントロが始まると「みんなで踊ろう!」との問いかけに会場は一気に盛り上がった。

斉藤和義作詞・作曲の「Player」は2014年12月〜NHK BSプレミアムで放送したアニメ『山賊の娘ローニャ』のエンディングテーマ。その『山賊の娘ローニャ』が国際エミー賞の子供アニメーション部門を授賞し、斉藤和義と夏木マリとの会話で完成した、夏木マリ流の生き方、考え方をテーマに皆とも共有できる楽曲に夏木は熱い想いを込めて唄い、ツアー初日公演を締めくくった。

ツアー情報
「MAGICAL MEETING TOUR Live & Talk 2016」
4月23日(土) 16:30 / 17:00 熊本Restaurant & Live Bar CIB
4月24日(日) 16:30 / 17:00 福岡DRUM Be-1
4月28日(木) 19:00 / 19:30 札幌ペニーレーン24
5月1日(日) 16:30 / 17:00 石巻BLUE RESISTANCE
5月3日(火・祝) 16:30 / 17:00 宮古KLUB COUNTER ACTION MIYAKO
5月14日(土) 16:30 / 17:00 広島CLUB QUATTRO
5月15日(日) 16:30 / 17:00 松山Wstudio RED
5月27日(金) 19:00 / 19:30 名古屋BOTTOM LINE
5月28日(土) 16:30 / 17:00 心斎橋Music Club JANUS
6月10日(金) 19:00 / 19:30 那覇桜坂セントラル

関連リンク

夏木マリ オフィシャルサイトhttp://marinatsuki.com/
夏木マリ ワーナーミュージック・ジャパン サイトhttp://wmg.jp/artist/natsukimari/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。