体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

それ絶対嘘やんけー!と叫びたくなる、世界中で出会った「ウソ」まとめ

「ピノキオ」のお話を覚えていますか?

ゼベットじいさんによって作られた木の人形、ピノキオは星の女神様から心と声を授かりました。

ある日のこと、女神様に嘘をついたピノキオは自分の鼻がズンっと伸びてしまうことに驚きます。

「ピノキオ。いま、嘘をつきましたね。あなたの鼻は嘘をつくと、ドンドンのびていくのですよ」

「嘘じゃないよ。本当だよ!」ピノキオがそう言うと、ズンズンと、またまた鼻がのびてしまいました。

 

日本でも「嘘は泥棒の始まり」なんて言われています。そう、嘘つきは悪。でも、世の中にはそんな悪い「ウソ」ばかりではないかもしれませんよ?

今回はそんな世界を旅して出会った、思わずツッコミたくなる面白い「ウソ」をご紹介します。

 

そんなに腹ぺこなの?食い意地張っちゃう中国人

 shutterstock_248627785

Photo by  shutterstock

中国路線に乗務していたときの出来事です。

食事のサービスがはじまると、寝ているお客様がたくさんいらっしゃったので、クルー同士で、「寝ているお客様の分はとっておくように、おかわりのリクエストは一旦受け付けないように」と決めました。

一通り食事を配り終えると、ある窓際席の中年男性が大声でわたしに言います。

「おい、おれの飯は?」

目の前にはつるっと完食したトレーが置いてあります。これを食べたはずじゃ…?と思ったので、「こちらは…?」と言いかけた途端、通路席のはじめからずっと寝ているお客さんを指差して、

「これはこいつが食べたんだ!おれはもらってない!飯よこせ!!」

と、明らかに嘘。だって、寝ている人には配っていませんから!

なんて食い意地…。素直に「おかわりください」って言えばいいのに…。その必死さに思わず笑いそうになっちゃいました。

 

パスポート返してー!軽く求婚してきたモロッコの出入国審査官

shutterstock_307112711

Photo by shutterstock

モロッコで国内線を乗り継いで、カサブランカ国際空港から出国しようとした時のこと。小さなカウンターに出入国審査官がひとりだけ立っていました。

いつものようにパスポートとチケットを渡すと…普通、どこに行くのか聞かれるタイミングで

審査官「じゃ、次はいつモロッコに戻ってくるんだい?」

私「…えーっと…まだその予定はないのだけれど。」

審査官「そうか。じゃあパスポート返すわけにはいかないな。だって、返してしまったらもう戻ってはこないのだろう?次は僕とディナーに行かなくちゃいけないのだから!」

私「…あははは(えー早く返してよー)」

審査官「僕の母はね、日本人なんだよ。顔見てわからないかい?だからね、僕は日本人と結婚しなきゃいけないんだよ!で、いつデートしてくれるんだい?」

もう、ずーっとこんな調子です。ちなみにその人、ちっとも日本の血が混じってるとは思えないお顔立ち。もー絶対お母さん日本人って嘘やん!そしてパスポート返してくれないとか、嘘でしょー!!

無事出国はできましたが、こんなに出国に苦労したのは初めてでした。

 

カバン見てない?「NO?」ってそれどっち?メキシコ人のコンビニ店員

shutterstock_179740712

Photo by shutterstock

アメリカ留学中の出来事。近所のコンビニに不覚にも鞄を置き忘れてしまいました。

でもすぐに気づいたので、走って戻り、そこにいた店員に息を切らしながら、鞄が置いてなかったか聞くと…

店員「NO? 」

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。