ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

下北沢で見つけた“絶品コロッケ”ベスト3はこれ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

J-WAVE月曜〜木曜午前の番組「POP UP!」(ナビゲーター:岡田マリア)のワンコーナー「7-ELEVEN GOURMET-3」。4月18日(月)のオンエアでは、現在開催中の「下北沢コロッケフェスティバル」を紹介しました。

「下北沢コロッケフェスティバル」は、今年はじめて開催されている食フェスイベント。駅周辺の6つの商店街が中心になって、店鋪を構えている101店鋪がオリジナルのコロッケを開発し、販売しています。下北沢というとカレーフェスティバルを連想する方が多いかもしれませんが、中華料理屋さんやパン屋さんなどコロッケを提供している店鋪もたくさん。さらにはカフェバーやライブハウスまで、さまざまなお店がオリジナリティあふれる絶品コロッケを提供しているそうです。

そんな下北沢で食べることができる、ユニークなコロッケ3つはこちら!

■「鉄板ダイニング さくらや」の、揚げずに!?コロッケ
ジャガイモと野菜のコロッケの中身を、直接鉄板で焼いたコロッケ。具は一般的なジャガイモのコロッケを使い、ジャガイモや、ひき肉、野菜が入っています。その周りに衣が。外側のパン粉はあらかじめ揚げてあり、それが周りに敷かれています。鉄板焼屋さんのコロッケなので、お好み焼きに近い感覚で楽しめるそうです。

■「もつや 長光」の、魚ろっけ
もちろん、本業のモツが人気ですが、サイドメニューとして人気のコロッケがこちら。大分県の名産で、さかなのすり身に人参や玉ねぎなど野菜をみじん切りにして、醤油やパン粉をつけて揚げた魚を使ったコロッケです。魚なので“和”な味がする、ソースでも醤油でもおいしくいただくことができます。

■アボカド専門店「AVOCADO」の、アボコロプレート
半分に切ったアボカドをそのまま揚げて、中にはチーズが入っています。サルサソースとの相性が抜群のコロッケです。アボカド専門店なので、いろいろな料理法でアボカドを食べることができます。店内もカワイイので、デートにも最適なお店だそうです。

「下北沢コロッケフェスティバル」は4月24日(日)まで開催中です。

さまざまなジャンルの情報の中から、番組が調査して独自のベスト3を発表する「7-ELEVEN GOURMET-3」。明日は食だけでなく、建物にもこだわった名建築でいただく東京グルメベスト3を紹介します。お楽しみに!

【関連サイト】
「POP UP!」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/popup/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP