ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Hilcrhyme、結成10周年記念公演の3D映画化&19thシングルのリリースを発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今年6月9日に結成10年を迎えるHilcrhymeが、10周年企画の第一弾として、4月15日にディファ有明で『Hilcrhyme 10th Anniversary LIVE 「PARALLEL WORLD」』を開催。同ライブのMCで同公演が3D映画となること、さらに2016年シングル第一弾となる「パラレル・ワールド」が6月29日に発売されることが発表された。

10周年のAnniversary Yearの幕開けを飾る、一夜限りのスペシャル公演『Hilcrhyme 10th Anniversary LIVE 「PARALLEL WORLD」』。そのタイトルの「PARALLEL WORLD」とは、“同じ時間に存在する二つの世界”を意味している。

観客が周りを囲む円形の回転式の360度ステージで繰り広げられたライヴは、TOCの「いくぞー」の声を合図に「NOISE」でスタート。改めて提示するようにHilcrhymeの結成時からブレることのないアイデンティティーやスタンス、崩さないファイティングスピリッツを歌い上げると、「トラヴェルマシン」「ルーズリーフ」などのメッセージ性の強いシングルナンバーを披露。

その後も「今日はシングル曲、代表曲のほとんどをやります!」という宣言通り、「パーソナルCOLOR」はじめとする聴く者に寄り添い、背中を押すような言葉を織り込んだナンバーから、TOCのパーソナルな部分が綴られた「鼓動」や「No.109」、DJ KATSUの恒例のソロタイム、そして「春夏秋冬」「大丈夫」では持ち味でもある叙情的でメロウな面も見せた。

「2011年3月11日。これは絶対に忘れない。10周年を迎えるにあたって、もう1度、歌い直したい」と披露された「no one」。そのメッセージで会場をひとつにすると、昨日発生した熊本地震を向かって「九州、熊本へ」と「細い細い糸で繋がっている」という言葉を歌い届ける。もちろん、オーディエンスもそこに声を重ね、ここにいる全員の想いを熊本へと飛ばしたのだった。

そんなライヴの本編をアッパーでハッピーなナンバー「エール」で締め括ると、アンコールではインディーズ・デビューシングル「もうバイバイ」を、さらに2007年3月に無料配布したデモアルバムの収録曲「らいおんハート・RAP」を歌い上げて大団円を迎えた。

また、前述したように、本公演が3D映画となることが発表された。3Dカメラで撮影した映像にさらにCG演出が施され、3D MOVIE『Hilcrhyme 10th Anniversary FILM「PARALLEL WORLD」3D』として今秋に全国の劇場で公開される予定とのこと。

さらに、同映画の主題歌「パラレル・ワールド」が映画の公開に先駆けて6月29日にリリースされる。リリックは「PARALLEL WORLD」ともリンクしていて「わたしなんか」じゃなく「わたしだって」と、その間に生まれるネガとポジのパラレルな感情を歌った、Hilcrhymeらしいメッセージが詰まったナンバーとなっている。

最後のMCでTOCは「これはファンのみなさんを楽しませるための企画なので、2016年12月31日までじゃなく、2017年6月9日まで続けようと思います」と宣言。全22曲で10年の軌跡を辿りつつ、Hilcrhymeの“今”を表現するスペシャルなライヴとなった。

Photo by 濱谷幸江

<セットリスト>
〜OPENING SE〜
1. NOISE
2. トラヴェルマシン
3. ルーズリーフ
4. パーソナルCOLOR
5. 蛍
6. パラレル・ワールド
※19thシングル(2016年6月29日発売)
7. no one
8. 鼓動
9. Hilcrhyme Mash UP
10. No.109
11. 押韻見聞録
12. 続・押韻見聞録
13. NEW DAY,NEW WORLD
14. New Era
15. 春夏秋冬
16. 大丈夫
17. ポンピラ
18. Summer Up
19. RIDERS HIGH
20. エール
<ENCORE>
1. もうバイバイ
2. らいおんハート・Rap

リリース情報
シングル「パラレル・ワールド」
2016年6月29日(水)発売
※詳細は後日発表     

関連リンク

Hilcrhyme レーベルサイトhttp://www.universal-music.co.jp/universalj/artist/hilcrhyme/
Hilcrhyme オフィシャルサイトhttp://hilcrhyme.com/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP