ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東郷神社トップがナンバー2に解雇通知 結婚式場巡り泥沼

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 東京・原宿の一等地に建つ東郷神社。日露戦争の英雄、海軍元帥・東郷平八郎を祀る名門神社である。崇敬者の団体である「東郷会」は吉田茂元首相を始め大物たちが歴代会長を務め、全国の神社の中でも抜きんでた格式を誇る。そんな東郷神社において“内紛”が勃発しているのだという。同神社関係者が語る。

「3月30日、神社トップである福田勉・宮司が、ナンバー2である氷室千春・権宮司に『解雇通知書』を突き付けたのです。しかし、権宮司は辞任を拒んで神社に出仕。年度初めの恒例行事である関係者全員の記念撮影に、来ているにもかかわらず権宮司だけが入らない事態が起きたんです」

 問題の根本にあるのは、東郷神社が抱える2つの結婚式場を巡っての派閥抗争だという。前出の関係者が続ける。

「東郷神社の境内には東郷記念館という結婚式場があり、古くから“ブランド結婚式場”として知られている。一方で東郷神社に隣接する土地に、2009年に『ルアール東郷』という新しい結婚式場が東郷神社の出資でできた。この2つの結婚式場の運営をめぐって、派閥対立が生じたのです」

 ルアール東郷の土地は、東京都が持つ公有地。そこに建つ高層ビルの中に、東郷神社が出資する「株式会社ルペイドレスト」がテナントとして入り、ルアール東郷を運営している。今回、解雇通知を突き付けられた氷室権宮司は、この会社の社長でもある。

「この土地は戦前、東郷神社のものだった。敗戦でGHQに接収され、その後東京都の所有になった。10年ほど前に開発計画が持ち上がったとき、そんな経緯から東郷神社に声がかかり、結婚式場として入ることになったのです。

 神社の関係会社だから社長には氷室権宮司が就くことに。しかし昔から東郷神社には東郷記念館という結婚式場がある。『商売敵を自分の手で作るのか』という不満が神社内から上がりました。福田宮司もその一人で、そこから宮司派vs権宮司派の対立が始まったのです」(同前)

 福田宮司側が主張する氷室権宮司の解雇理由は、式場の社長の立場を利用し、同社の予算から外部の企業に対し多額の貸し付けを独断で行なったというもの。しかし氷室権宮司は弁護士を通じて「不当解雇だ」という旨の内容証明を福田宮司に送付している。

 東郷神社を通じて福田宮司に取材を申し込むと、「当社の人事の問題であり、取材に答える義務はない」(広報担当者)というのみ。一方の氷室権宮司に直撃すると「トラブルがあることは事実だが、自分からは何も申し上げられない」と答えた。

 ただし、事は東郷神社内の問題にとどまらない。東郷神社は格式の高い「別表神社(戦前の社格に代わり神社本庁が定める特別な神社)」にあたるため、権宮司の任命権は神社ではなく、全国の神社を統括する神社本庁にあるからだ。

 しかし、神社本庁は本誌の取材に「(騒動について)まったく分からない」と担当者が困惑するばかりだった。まさに「波高し」。東郷元帥は草葉の陰で何を思うか。

※週刊ポスト2016年4月29日号

【関連記事】
「神宮」と「大社」の違いは? 神宮は天皇を祀る神社が多い
愛知・犬山の“倍返し”神社『半沢直樹』効果で来訪者2割増
結婚式場キャンセルでも申し込み金が返ってくる方法はある?

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP