ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

KANA-BOON、全国ツアーの初日公演が幕張メッセにてついにスタート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

4月16日、KANA-BOONの全国ツアー「KANA-BOONの格付けされるバンドマンツアー 2016」が幕張メッセ国際展示場9~11にて開催された。

当日は1万5千人のファンが集結し2時間半にわたるライブを披露した。今年の2月にリリースされ、オリコンウィークリーチャート6位を記録したニューアルバム『Origin』を引っ提げての 今ツアー。「フルドライブ」「シルエット」などの人気曲をはじめ、『Origin』の中からのナンバーが多数披露され、既にフェスなどでも定番の「なんでもねだり」や「ダイバー」など、熱い演奏が繰り広げられた。また『Origin』初回生産限定盤DISC 2にコンパイルされている「KANA-BOONが人間をつくります。」からのナンバーも数多く披露された。

今回のツアーではタイトルにちなんで、メンバーを“格付け”する企画が展開されている。ツアーのコンセプトに沿ってメンバーはタキシードで登場。MC中にこのツアーのキャラクター犬・リッチーが、メンバーに対しファンから寄せられたクイズを出題し、正解すれば“一流”としてタキシードを着用したまま、スタッフからも一流バンドマンにふさわしい扱いを受けるが、不正解が続くと“二流”“三流”さらには“そっくりさん”に格下げされ、手ひどい待遇を受けるという、KANA-BOONらしさ溢れる演出が繰り広げられた。中でも、谷口、古賀、小泉は途中で“三流”になってしまい、ライブ用タオルが雑巾に。古賀と小泉は最終的に“そっくりさん”までランクを下げ、衣装の袖をスタッフに引きちぎられるという屈辱を受け、会場の笑いを誘った。

そしてライブの終盤では、谷口が「みんなの頭の中で僕らの音楽が鳴り、みんなに力を与えることを強く願っています。」と話し、多くの人の心に有り続けたいと今後の決意を見せた。

このツアーは今後、名古屋、大阪、福岡のアリーナ公演と続き、7月3日に沖縄・ナムラホール公演で国内でのファイナルを迎え、その後7月9日に香港公演、10日に台湾公演が行なわれる。今後の公演ではどのような格付けが繰り広げられるのか、是非チェックして欲しい。

photo by TEPPEI

「KANA-BOONの格付けされるバンドマンツアー 2016」
4月26日(火) 愛知 日本ガイシホール

5月03日(火・祝) 大阪 インテックス大阪 5号館

5月04日(水・祝) 大阪 インテックス大阪 5号館

5月11日(水) 広島 BLUE LIVE HIROSHIMA

5月12日(木) 広島 BLUE LIVE HIROSHIMA

5月14日(土) 福岡 福岡国際センター

5月31日(火) 新潟 新潟LOTS

6月01日(水) 新潟 新潟LOTS

6月03日(金) 宮城 仙台PIT

6月04日(土) 宮城 仙台PIT

6月10日(金) 札幌 Zepp Sapporo

6月11日(土) 札幌 Zepp Sapporo

6月16日(木) 石川 金沢EIGHT HALL

6月17日(金) 富山 MAIRO

6月22日(水) 岡山 CRAZYMAMA KINGDOM

6月24日(金) 高知 CARAVAN SARY

6月25日(土) 香川 高松 festhalle ※新ライブハウス

7月03日(日) 沖縄 ナムラホール

7月09日(土) 香港 Music Zone@E-MAX

7月10日(日) 台湾 THE WALL








カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP