ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

1日6食生活で痩せて頭痛にサヨナラ! その謎とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

よく食べているのにスリムな人、全然太らない人ってうらやましいですよね。でもその食生活が痩せる秘訣だったとしたら? 北川景子さんや叶姉妹も実践している1日6食生活の謎を調べてみました。

1日6食って食べ過ぎじゃ……安心してください!

6食も食べたら食べ過ぎでしょ!それは太らない体質だからできるのでは? 誰もが思うことですよね。しかし【1日6食ダイエット】を提唱し著書も出している浜内千波さんは、なんと1年半で38kgもの減量に成功したんだとか。試した人からも成功の声が多く上がっています。もともとは、糖尿病患者さんに推奨されている食事法で、リバウンドの心配もなくストレスなくダイエットができると話題になったのです。1日のカロリー摂取量は同じでも、食事の間を空けず細かく摂取することで血糖値を上げず、ちょこちょこ食べることで胃が小さくなるのだそうですよ。

ちょこちょこ食べのメリットとは?

朝昼夜の3回の食事に加え3回の間食を摂り、合計で6食を摂りながらも健康的に痩せ、しかもリバウンドしない【1日6食ダイエット】。1日の摂取カロリー(1600~2200kcal)を6回に分けるため、1回の食事量は少なくなります。しかし、お腹が空く前に食べることで食べ過ぎを防ぎ、血糖値が下がりきる前にまた上昇するため、血糖値の急上昇で分泌される肥満ホルモンのインシュリンを抑えることができます。食事を我慢するストレスがないため続けやすく、リバウンドもしにくいのです。血糖値が下がると偏頭痛も起きやすいのですが、血糖値を安定させることで頭痛の改善にも役立つそう。

食べればいいってものじゃない。1日6食のルール

栄養や摂取カロリー、消費カロリーを考えずに6食食べても、もちろん減量どころか太るだけ。このダイエットは総摂取カロリーを6等分する、血糖値を上げ過ぎないこと、エネルギーを消費しやすい体にすることが重要なカギを握っています。白湯やハーブティーなど、体を冷やさずデトックス効果のある水分を1.5ℓ~2ℓ摂ることや、エネルギーになりやすいご飯、タンパク質が豊富なお肉、ビタミンが豊富な野菜をバランスよく食べることが大切。間食は100kcal分にし、朝昼夜の食事からごはん2口分の約70kcalを減らします。胃腸を休ませるために夜食は食べないことも大切。6食ダイエットで検索すると、1日に必要なカロリー計算の方法や、100kcalのお菓子情報も載っているので参考にしてみてくださいね。

1日1食から9食までダイエット法はたくさんあります。一番は自分に合った方法を見つけること。夏になる前に美ボディをゲットしたいですね。

writer:しゃけごはん

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP