ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【Chart insight of insight】生き残るアイドルはラジオに強い? 欅坂46と乃木坂46が上位にいる理由。

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今週もチャートは波乱気味。2位のPerfumeは4週連続ベスト5入りで虎視眈々と首位を狙っているし、ツイッターのつぶやき数だけで一気に6位まで上昇したRADWIMPSなんていうダークホースまで現れた。

 そんななか、1位を獲得したのは欅坂46の「サイレントマジョリティー」だ(【表1】)。昨年8月に結成されたばかりのプロジェクトで、本作がデビュー曲となる。4種類の形態でリリースされたということもあり、複数枚購入者が多いことは想像つくが、それでも初週だけで25万枚超えというのは驚異的。もちろん、売上に比例して、ツイッターの指数(水色のグラフ)や、YouTubeなどの再生数(赤いグラフ)も軒並み上位。そして、注目すべきはラジオでのオンエア回数だ(緑のグラフ)。アイドルものはラジオが弱いことも多いが、先々週が89位、先週が28位、そして今週が7位と、しっかり上位へと上っている。これは、彼女たちへの期待度の高さが、ラジオ・プロモーションにつながったといえるだろう。

 その欅坂46の先輩格である乃木坂46。彼女たちの新曲「ハルジオンが咲く頃」は発売週だった先々週に首位を獲得したが、今週も先週と変わらず4位にとどまっている(【表2】)。こちらは動画の再生数は圏外になってしまったが(赤いグラフ)、ツイッターの指数は横ばいで12位をキープ(水色のグラフ)。そして、ここでもラジオのオンエア回数はそれほど落ちずに27位と健闘している(緑のグラフ)。彼女たちもラジオでの応援があるから、上位にい続けられるといっていいだろう。そのためには楽曲のクオリティも大切だということがよく分かる。アイドルでも、しっかりと楽曲がラジオでプレイされることを念頭に置かないと、チャート上位をキープするのは簡単ではないのだ。text by 栗本斉

関連記事リンク(外部サイト)

Billboard JAPAN HOT 100
欅坂46「サイレントマジョリティー」がセールス、ダウンロードで1位獲得、Twitter1位はラッド「前前前世」が初登場1位に
【Chart insight of insight】季節モノ・ソングがチャート上昇! 春の定番となったレミオロメンとケツメイシの秘密

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP