ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『真田丸』小日向文世による「豊臣秀吉」の好演に絶賛の嵐 「かなり秀吉っぽい」「ある意味ハマリ役」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NHK大河ドラマ『真田丸』の第15回が放送された4月17日、視聴者の間では、俳優・小日向文世による関白・豊臣秀吉のなんとも言えない好演ぶりが話題となった。

この日、上杉景勝(遠藤憲一)を介して秀吉に謁見すべく城中で待機していた主人公・信繁(堺雅人)は、なんとも妙な様子の秀吉と遭遇。はからずもこれが彼らの初顔合わせとなり、きょとんとした様子の信繁に、秀吉は「出かけるぞ。お前も来い。面白いところ連れてってやる」と声をかけた。すると、秀吉は、町人風の身なりに着替えて城を抜け出し、信繁を連れて、お忍びで京都・島原の名妓・吉野太夫(中島亜梨沙)のもとへ向かったかと思えば、彼女の美しい舞いを見た後に、側室になるよう強引に口説くという、色ボケ爺ぶりを発揮。面食らう信繁に「あれだけの女子は信濃におるか?…だろう?だろう?」とご満悦の様子を見せる。

かと思いきや、いきなり「お前のおやじにはほとほと手を焼いておるぞ!」と怒りを露にした上で「今さらわしに逆らってもいいことないぞ。親父にそう言っておけ!」と脅しをかけるなど、態度を一変させ、その怪人物ぶりを遺憾なく披露。さらにはそこまで親密そうに信繁と接しておきながら、その庇護者である上杉景勝に対しては、「これより後真田への肩入れは無用とせよ。真田安房守はな、おぬしとは違って、いくらわしが上洛せよと申しても一向に返事をよこさぬ不届き者じゃ。ここは懲らしめてやらねばならぬ」と、真田家から手を引かせるように圧力をかけるという狡猾な一面も見せた。

この日の放送を観た視聴者からは、こうした独特な、しかしある意味「彼らしい」秀吉のキャラクターを体現した小日向に「小日向さんおもろいwww」「ある意味ハマリ役かもしれんw」「かなり秀吉っぽいな」「やっぱ秀吉はこうじゃなくちゃな」といった称賛や、さらに「遠藤さんの中間管理職っぽい景勝もなかなかだと思うわw」「これは楽しい展開になってきたな」といったストーリー展開に対する期待の声が寄せられた。

これまでも、穴山梅雪役の榎木孝明や、織田信長役の吉田鋼太郎のなど、クセのある戦国武将たちをベテラン俳優陣が、その豊富な経験と個性を活かす形で好演し話題となってきた本作。今後もそんな彼らの織り成す独特な世界に多くの視聴者からの注目が集まりそうだ。

■参照リンク
『真田丸』公式サイト(NHK)
www.nhk.or.jp/sanadamaru/
『真田丸』公式Facebook
https://www.facebook.com/nhksanadamaru

■今月のAOL特集
世界のかわいい動物たち【フォト集】

関連記事リンク(外部サイト)

『世界一難しい恋』嵐・大野智の差し入れが「太っ腹すぎる」と話題に 「さすが鮫島社長!」
フジ・加藤綾子アナの胸元全開ウエディングドレス姿に男性ファン大興奮!「カトパンが最強」
『シン・ゴジラ』予告編に海外ファンも大熱狂!「やっぱり東宝のゴジラが最高」「遂に帰ってきた!」
大型ルーキー現る?!欅坂46センター・平手友梨奈(14歳)の圧倒的なオーラをまゆゆも絶賛!「どんな人生歩んできたの」
美少女登竜門「ポカリスエット」の新CMに抜擢された八木莉可子(14歳)が可愛すぎてヤバい【動画】

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP