ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

座ったままでカロリー消費!仕事中もエクセサイズできる「HOVR」 はiOSとも連動

DATE:
  • ガジェット通信を≫

世界で一番座っている民族と言われる日本人。1日の平均座位時間は、何と9時間。中でもオフィスワーカーは突出しており、約7割が1日中座りっぱなしなのだとか。

その弊害は、思いのほか大きい。体をまったく動かさないせいで全身が血行不良となり、腰痛や肩こりを起こしやすくなる。

そればかりか、ひどくなると生活習慣病の引き金にもなりかねない。こまめに体を動かせば、不健康状態から脱することはできるが、仕事中の場合、それも難しい。

そこでご紹介したいのが、座りながら下半身を鍛えられる「HOVR」。アメリカ製だが、私たち日本人こそ、積極的に利用したいアイテムだ。

・デスクの下で効果的に運動

イリノイ大学の協力を得て開発された「HOVR」。その仕組みは、実に単純。

まず、本体の円形フィットパッドを、デスクの高さに合わせて取り付ける。あとはパッドに足をのせ、動かしていけばいいだけ。これでただ座りっぱなしの状態より、17パーセントも多くカロリーを消費することができる。

・専用アプリで運動量を追跡

デバイスには専用アプリも用意され、運動量の追跡が可能。iOS、Android、スマートウォッチにも対応している。

利用の場はオフィスに限らず、自宅でもOK。要は取り付けられるデスクさえあれば、どこでも使えるのだ。

Indiegogoでも大人気で、公開から数日で目標金額を達成。支援は99ドル(約1万円)から。プレオーダーの受け付けは、5月10日まで継続される。

HOVR/Indiegogo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP