ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

夏の留学先はココで決まり!世界のオススメ留学都市5つ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Yoko「初めてのアメリカ大陸!マイアミビーチ

まだ4月だというのに、現在、大変多くの学生たちが、夏休みの留学プランを検討しています。「今年中に留学したいけど、どうしよう…」と悩んでいる皆さん! まとまった休みが取りやすい「夏季休暇」を逃してしまうと、今年もまた留学へ踏み切れないかもしれません。今すぐ世界に飛び出す準備をはじめましょう!

今回は海外留学のEFが、この夏オススメの留学都市5つご紹介します!

①マイアミビーチ(アメリカ)

せっかく夏季休暇を使って海外に足を運ぶのであれば、勉強だけではなく、リゾート気分も味わいたいですよね。そんなアナタには、アメリカ・マイアミビーチがオススメです! 授業が終了次第、クラスメイトとビーチサイドへGO! そうすれば素敵なサンセットを眺めることができるでしょう。

また、サウスビーチは、レストランやバーをはじめとしたナイトライフが楽しめる有名スポット。新しい友人たちと24時間、マイアミライフを満喫できるはずです!

②バルセロナ(スペイン)

Keita「バルセロナ~未完の教会サグラダファミリア~

きっと英語圏に一度でも留学経験がある皆さんは、留学先で南米の学生たちと話す機会が多く、「今度はスペイン語を勉強しないとなぁ…」といった願望を抱きつつ帰国したのではないでしょうか? そんな皆さんにオススメなのが、スペイン・バルセロナ! バルセロナと聞くと「サグラダ・ファミリア」のような歴史建造物のイメージを真っ先に思い浮かべるかもしれませんね。しかし市街から電車で30分もあれば、ビーチリゾートも楽しめるのです。シッチェスのビーチには世界中から芸術家が集まっているかも?

③ニース(フランス)

Hiroshi Sasaya「フランスの旅
ヨーロッパのビーチリゾート地といえば、フランス・ニースを忘れてはいけません。ニースも、バルセロナ同様に歴史とリゾートを楽しめるオススメの留学都市。しかしニースの魅力はそれだけではありません。なんと言っても「グルメ」を楽しめるところがオススメのポイント。

ニースは、もともとイタリア領だったこともあり、街にはイタリアンレストランがたくさんあります。また「ニース料理」といった伝統料理も。ニース市街のレストランやカフェを巡るのも、きっと楽しい思い出になるはずです!

④ケープタウン(南アフリカ)

Shohei Watanabe「南アフリカ共和国 ケープタウンから喜望峰へ
ビーチなどで遊びたいと思う一方で、せっかく海外留学にチャレンジするのであれば、語学学習に集中した人もいるはず。そんなアナタには、南アフリカのケープタウンがオススメ!

ケープタウンは、ヨーロッパ諸国から近い英語圏の一つ。教室には、ほとんどアジア人はいないでしょう。そのため、多くの時間を「英語学習」に費やすことができると思います。また、イギリス領だったケープタウンには、英国文化を体験できる機会が多くあります。ケープタウンでアフタヌーンティーを楽しみましょう!

⑤ハワイ(アメリカ)

Mayumi Tosuji「ハワイでリーズナブルに美味しいものを食べる5日間の旅
最後は、皆さんお馴染みのハワイ。最近では2週間程度の短期留学が人気になっているためか、ハワイがますます注目されています。夏季休暇の時期は、日本人観光客が多い時期でもありますが、湿度が低くカラっとしたハワイの気候は、語学学習に最適。ワイキキビーチやショッピング、マリンスポーツなど、リゾートバカンスも楽しめます。ロコ文化を求めて、新しい仲間とドライブに繰り出せば、きっと最高の思い出になるでしょう!

ライター:Satoshi Hirao at EF Education First。留学、語学教育事業を展開する世界最大級の私立教育機関、EF Education First(EF)にてマーケティングを担当。EFのミッションである「Opening the world through education」を掲げ、留学の魅力を世の中に発信し続ける

各留学先の旅行記はこちら

*Yoko「初めてのアメリカ大陸!マイアミビーチ
*Keita「バルセロナ~未完の教会サグラダファミリア~
*Hiroshi Sasaya「フランスの旅

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP