ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

平井 堅、伊勢志摩サミット2016応援ソングのデモ音源公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今年5月に地元三重県にて開催される、伊勢志摩サミット2016の公認サポーターに任命され、伊勢志摩サミット2016の応援ソングを手がけることが決定している平井 堅が4月16日に三重県総合文化センターにて開催された第3回伊勢志摩サミットフォーラムにスペシャルゲストとして出演し、現在制作中の伊勢志摩サミット応援ソングのデモ音源を特別公開した。

鈴木英敬三重県知事との冒頭のトークでは平井 堅から先日第二子が誕生した鈴木知事に祝福のメッセージが送られ、和やかなムードでクロストークはスタート。トークの中では、伊勢志摩サミット応援ソングのタイトルが「TIME」に決定したことを発表した。

その後、応援ソングに込めた思いを質問された平井 堅は、「この曲自体は、タイトルもそうですが、時の流れ、人の人生、1人の人が生まれてから土にかえっていくまで、その一生だったり、もっと大きく言うと人類が繰り返しやってきた美しいこともそうでないことも描こうと思って、作った曲です。」とコメント。司会からいよいよデモ音源を公開することが告げられると、「たくさんの人の前でデモ音源を公開することは初めてなのでちょっと恥ずかしいんですけどね」と平井 堅が語ると鈴木知事は「この20年間ではじめてなんですよね!これは貴重ですね!」と観客に投げかけると、客席からこのまたとない機会に大きな拍手が沸き起こる中、平井 堅の曲紹介と共に、現在制作真っ只中の伊勢志摩サミット応援ソングのデモ音源が公開された。

デモ音源を聞いた鈴木知事は「やばいですね!僕はサミットが身近に感じられるような曲をお願いしたんですよね、そいうふうにみんなの手が合わさっていくような盛り上がりでメチャメチャ良いし、英語もバッチリ!最高やね!やばいっ!」と興奮気味に力強くコメント。最後は平井 堅からサミットフォーラム来場者と三重県民に向けて「このように歌で関わることが出来てとても光栄に思っておりますし、三重県出身者として、サミットということでこんなに世界から注目が集まる事に参加できてすごく嬉しいのですけども、さらなる三重の良さが伝わればなと思っておりますので一緒に応援しましょう」とメッセージを贈った。

こうして平井 堅が手がける伊勢志摩サミット2016応援ソングは今後、世界的に活躍するサウンドプロデューサー鷺巣詩郎氏により、ロンドンでの楽器とコーラスのレコーディングを経て今月下旬に日本にて平井 堅のヴォーカルがレコーディングされ、5月25日に、先日発表されたテレビ朝日木曜ドラマ「グッドパートナー 無敵の弁護士」の主題歌「Plusi One」と合わせて両A面シングルとしてリリースされる。

関連リンク

平井堅 official web site:http://www.pinups.co.jp/hirai/
平井堅 YouTube Official Channelhttps://www.youtube.com/channel/UCtwtMDxG0n0Yd0qds38ff0Q

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。