ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Swipe for Facebook : FacebookのWEBサイトをまるで普通のアプリのように利用できる軽量サクサクのFacebookクライアント

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Facebook の WEB サイト版をまるで普通のアプリのように利用できる、軽量サクサクの Facebook クライアント「Swipe for Facebook」がリリースされました。Swipe for Facebook は、Facebook の WEB サイトを独自のウィンドウで表示するよくある Facebook クライアントなのですが、WEB サイト版を表示しているのにタブのスワイプ操作が可能だったり、画面のカラーリングをカスタマイズできたりと、他の同類アプリよりも機能が豊富。Facebook の WEB サイトをまるで立派なアプリとして利用することができます。また、アプリの容量が 2.5MB と本家よりもはるかに小さく、また、WEB サイト版の情報を表示するので動作も快適です。Swipe for Facebook の主な機能は、アプリトップ画面のリストメニューから、タブの一括更新、現在表示しているページのシェア、FB メッセンジャーの表示、写真・グループ・イベントの表示Facebook の外観と Swipe for Facebook の外観の変更PIN 認証による起動ロックFacebook 通知の ON / OFF表示位置の記録(アプリを再起動した場合に以前の表示位置からスタート)パワーセーブモードユーザーの非表示機能画像を読み込まない設定ニュースフィードのステータスを非表示化スプラッシュスクリーンの ON / OFF縦画面に固定AMOLED モードなどです。アプリはまだ日本語化されていないので分かりづらい機能もありますが、アプリはけっこう安定しているので常用レベルだと思います。「Swipe for Facebook」(Google Play)

■関連記事
Wi-FiとNFCでスマートフォン連携が可能なEOSデジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss X80」が発売開始
Android N Developer Preview 2の新絵文字がMarshmallow以下に移植される
“最高のミッドレンジスマートフォン”と評される「OnePlus X(E1005)」開封の儀&ファーストインプレッション

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP