ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

米ディズニー、往年のアニメ映画『ピーター・パン』の実写版映画製作へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

実写版映画『ジャングル・ブック』が、4月15日(現地時間)に米劇場公開された。米ウォルト・ディズニー・ピクチャーズは、次作となる往年のアニメの実写版映画を開発中だ。次作では、米ウォルト・ディズニーはネバーランドに戻る。

米ディズニーによるリメイク版映画『Pete’s Dragon(原題)』の監督を務めたデヴィッド・ロウリーが、実写版映画『ピーター・パン』の監督を務める。トビー・ハルブルックスが、脚本を執筆中だ。

米ディズニーの1953年の往年のアニメ映画『ピーター・パン』は、作家J.M.バリーによる大人にならない少年の小説をもとに製作された、今もなお最も成功した作品である。スティーヴン・スピルバーグが監督を務め、ロビン・ウィリアムズがピーター・パンを演じた米ソニー・ピクチャーズの1991年の映画『フック』は期待外れの結果となり、また、2015年に公開された映画『PAN ~ネバーランド、夢のはじまり~』も失敗に終わった。

米ディズニーは、往年のアニメ映画を実写版映画化して成功をおさめ、実写版作品の製作という正しい選択を行ったようだ。同スタジオによる実写版映画『シンデレラ』、実写版映画『マレフィセント』、実写版映画『アリス・イン・ワンダーランド』は、3作品ともすべて興行収入チャートで首位を占めた。

『Pete’s Dragon(原題)』は、8月12日に米劇場公開する。ロウリー監督は、ロバート・レッドフォードと共に映画『The Old Man and the Gun(原題)』も開発中だ。

ロウリー監督は、ウィリアム・モリス・エンデヴァー・エンターテイメント(WME)とフランクフルト・カーニット・クレイン&セルツと代理人契約を結んでいる。

このニュースは、デッドライン・ハリウッドが最初に記事にした。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP