ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

リンス、コンディショナー、トリートメント 何が違う?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 紫外線が増えて髪や頭皮のダメージが気になるこの季節。シャンプーの後に髪のケアをする「ヘアトリートメント剤」の違いをご存じだろうか? 似たものと思っていたら大違い。リンスは手触り、ヘアマスクは集中補修など目的が違う。

 その違いは、以下のとおり。すべて根元につけず毛先に塗布を。下に行くほどダメージの強い髪の人におすすめだ。

■リンス
 主成分はカチオン界面活性剤。濡れてマイナスの電気を帯びた髪に塗布することで、髪がプラスマイナスゼロに。指通りや手触りをよくして、静電気を防ぐ。

■コンディショナー
 リンスよりコンディショニング成分(油分)が多めなので、しっとりとした仕上がり。ダメージヘアに悩む層のニーズで、リンスよりメジャーになった。

■トリートメント
 主成分のカチオン界面活性剤が髪の表面に吸着。ポリペプチドなどの補修成分やトリートメント成分が内部に浸透して、髪の内側からダメージを修復する。

■ヘアマスク・パック
 基本はトリートメントと同じだが、ダメージ補修や髪の栄養素を補うなど目的に応じたケア成分の配合率を高めたもの。集中的に作用させる機能が充実している。

※女性セブン2016年4月28日号

【関連記事】
1970年代前半にシャンプー普及率98% 日本初のリンスは花王
美肌ケア 細胞修復ホルモンがピークの22時から2時がオススメ
美容アイテムとして注目の炭酸水 洗髪・洗顔時のコスパ良し

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP