体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

各国の小学4年生に「3つの質問」をしてみた結果

・あなたはどこに誰と住んでいるの?
・いま一番望んでいることは?
・いま一番の心配事は?

カメラマンで社会活動家のアメリカ人Judy Gellesさんは、過去8年にわたり、世界各地の小学校を訪問し、4年生にこの3つの質問をインタビューをして回りました。

満9歳から10歳。彼らの答えが想像つきますか?そこには、各国の文化・風習だけでなく、社会的、経済的背景が色濃くにじみ出ています。

南アフリカ(公立学校)

各国の小学4年生に「3つの質問」をしてみた結果

我が家はアフリカーナー。大きくなったら慈善団体のために資金調達をしたいと思っています。この国のみんなが仲良く安全に暮らせることが願いです。でも、いまの一番の悩みは、友だちがそんなに多くないことかな。機嫌が悪いと、つい意地悪になっちゃうのが原因かも。

各国の小学4年生に「3つの質問」をしてみた結果

お母さんはずっと家にいて、掃除をしたり、ボクの宿題を手伝ってくれる。飼っているオウムに言葉を教えているときが、一番楽しい。やっぱり、怖いのは強盗。ウチには高いフェンスの上には電線を張っていて、警報装置もついてるんだけどね。

インド(インターナショナルスクール)

各国の小学4年生に「3つの質問」をしてみた結果

ウチはヒンドゥー教徒なので、お肉は食べません。おじいちゃん、パパ、ママ、赤ちゃんの弟とメイドさん。両親はふたりとも工学部で教員をしていて大忙し。メイドたちが代わりに洗濯したり、部屋をキレイにしてくれたり、料理を作ってくれます。大きくなったら、小児科医になって、アメリカで行って、永住するのが夢です。

各国の小学4年生に「3つの質問」をしてみた結果

ボクはイスラム教徒です。1日に5回お祈りをします。父、母、3人の兄弟とボクの6人家族。父はバナナの流通を仕事にしていて、深夜3時に毎日家を出て、夜21時まで働いています。だから父に会えるのは日曜日だけ。母は何もしていません。勉強は算数が得意なので、将来はエンジニアとして働きたいと思っています。いま、一番欲しいものは、自分用のコンピューターかな。

アメリカ(公立学校)

各国の小学4年生に「3つの質問」をしてみた結果

私はママと2人の妹と、ママの友だちと暮らしています。パパは悪いことをしたから、今はミシシッピの刑務所。私たち家族は、来月大きなバンに乗ってミシシッピまでパパに会いに行く予定。もう、ワクワクして来月まで待てないってカンジ!

各国の小学4年生に「3つの質問」をしてみた結果

ボクの心配事は、家族の誰かが銃で撃たれないかってこと。いとこは撃たれて死んだんだ。たとえそれが警察でも、銃なんて誰も持ち歩くべきじゃない。そうすれば、誰も撃たれないで済むんだから。

中国(出稼ぎ労働者向け特別学校)

各国の小学4年生に「3つの質問」をしてみた結果

お父さんとお母さんと暮らしています。私は一人っ子。お父さんはシェフをしていて週末土曜日にだけ帰ってきます。お母さんはホテルのスタッフ。故郷が恋しい。年に1回だけお婆ちゃんに会いに行きます。たまに、お母さんがいなくなっちゃう悪夢を見ます。いつか、上海に行くのが私の夢。

各国の小学4年生に「3つの質問」をしてみた結果

父さんは、毎朝5時には家を出て仕事に行きます。帰ってくるのは20時頃。父さんも母さんもボクに、一生懸命勉強するように言います。学校から帰ると、まずは宿題を終わらせます。ボクが学校でいい成績を取ると、母さんは夜ごはんを特別豪華にしてくれます。

イギリス(私立学校)

各国の小学4年生に「3つの質問」をしてみた結果
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。