ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

世界20都市を網羅!ポップアップストアのスペースを予約できるオンラインプラットフォーム

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

「Go-Popup」のトップページポップアップストア(Pop-up Store)とは、店舗やバー、カフェ、ギャラリーなどの空きスペースに、期間限定で出店する仮店舗のこと。

店舗オーナーにとっては、空きスペースの収益化につながる一方、テナントには、商品やサービスのプロモーションのほか、ブランドの認知度を高めたり、オフラインでユーザーとのコミュニケーションを深めたりする効果が期待される。

・ポップアップストアのためのオンラインマーケットプレイス

Go-Popupの物件紹介ページ「Go-PopUp(ゴー・ポップアップ)」は、独ベルリンで2013年に創設された、ポップアップストアのためのオンラインマーケットプレイス。

エリアや価格、サイズなどから条件に合うものを検索でき、オンラインで物件の予約や問い合わせをすることも可能だ。

「Go-PopUp」は、現在、ドイツ、オランダ、フランスなど、世界8カ国にわたり、合わせて20都市を網羅。

英自動車ブランドのジャガーやランドローバーも、このマーケットプレイスを利用するテナントとして名を連ねている。

・これからはポップアップストアをネットで探す時代!?

「Go-PopUp」と同様に、ポップアップストアのための物件を集めたオンラインマーケットプレイスとしては、ロンドンやパリで1,000件以上を扱う「Appear Here」やフランスの「PopUp Immo」のほか、日本でも、2014年に「SHOPCOUNTER」が開設されている。

ポップアップストアがプロモーションやブランディングなどの手段として普及していくにつれて、そのためのスペースを借りたい人と貸したい人をマッチングさせるオンラインプラットフォームも、世界各地で、ますます増えそうだ。

Go-PopUp

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。