ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

共産党の志位委員長、「野田政権の看板は民主党だが、中身は自民党」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
日本共産党の志位和夫委員長

 「原子力・エネルギー政策」をテーマにした日本共産党の志位和夫委員長の講演・質疑が2011年10月5日、日本記者クラブ主催で行われた。志位氏は共産党の脱原発ビジョンについて語る一方で、政府の原発事故後の対応などを批判。民主党で3代目となった野田政権については「看板は民主党だが、中身は自民党」と述べ、政権交代時の国民の民意に沿っていないと批判した。

 原発事故収束への政府の対応の遅さを指摘した志位氏は、放射能の除染作業がなかなか進まない点に触れ、「(放射能で汚染された土壌の)最終処分の場所、方法の決定を先送りするな」と言及。「仮置き場が作れないために除染が進まない。政府が最終処分の展望、仮置きの期限を示していないから、仮置きと言われてもずっと置かれるんじゃないかという不安から、住民の合意を得られず、仮置き場が決まらない」と述べ、最終処分場の計画を早急に具体化し、明確な仮置き期限を示すことを求めた。

 また「原発をゼロに」という姿勢を明確に打ち出している共産党だが、志位氏は野田首相の「脱原発か原発推進かの2項対立ではなく、中長期的には原発の依存度を可能な限り引き下げていく」といったあいまいな答弁・態度を批判。「結局は原発にずっとしがみつく姿勢が、だんだん露わになっている」と語気を強めた。

 さらに野田政権への評価を問われた志位氏は、鳩山政権、菅政権がことごとく公約を破った末の3代目とした上で

「看板は民主党だが、中身は自民党だ。自民党と全く変わることのない、うり二つの政権が誕生した」

と述べ、2年前の総選挙で政権交代を実現した国民の意思に反しており、「こういう道を続ける限り先はない」と批判した。

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送] 志位氏の「野田政権への評価」から視聴 – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv66178317?po=news&ref=news#56:37

(安部伸介)

【関連記事】
枝野経産相、総合エネ調の委員について「推進派か反対派かに割り切れるものではない」
“原子力安全庁のあり方”を検討する顧問会議が発足 委員に飯田哲也氏ら
「電力消費量を10%削減し、10年以内に脱原発を」 共産・志位委員長が外国特派員にアピール
田原総一朗×津田大介×学生たち 「次世代ジャーナリズム」論で激突 全文書き起こし
共産・吉井議員「政府は東電の『工程表』をオウム返ししただけ」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ニコニコニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。