体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ケンミンが愛してやまない!山陰の絶品郷土料理4選【鳥取・島根】

手打ちそば昌しょうあん庵

地元ではいつでも食べられたご当地グルメ。でも県外に出てしまったら、全然食べられる場所がない!そんな経験をされた方も少なくないはず。

今回は根強く県民に親しまれるおいし~い「地元メシ」の数々をご紹介。郷土料理やご当地麺など、地元人に愛されてやまない地元メシが満載ですよ。

あ~あの味をもう一度食べたいな・・・そう思ったら、今すぐ食べにでかけましょう。

1.荒木屋の『割子そば』 810円【島根県 出雲市】

江戸時代から続く老舗の名店。お弁当箱のような割子にダシをかけて味わう地元そば。

荒木屋 割子と呼ばれる小振りで朱塗りの丸い器3段にそばが盛られ、上の段から順に薬味とダシをかけて味わう


出雲そば

ローカル度 ★★★★★

皮ごと挽いた黒っぽいそばが特徴。江戸時代、出雲地方では野外でそばを食べるために、弁当のように重箱に入れたのが割子の始まりだとか。

出雲地方の玄そばを石臼挽きにした麺は、香り高く、コシの強さが魅力。ウルメから取るすっきりした味のダシとも相性よし。そばぜんざい付きの「縁結びセット」(940円)も人気。

荒木屋 伝統の味を食べてごしなはい(ください)

8代目店主が毎朝、井戸水を使ってそばを打ち、大釜で茹でたてを提供

荒木屋 落ち着いた民芸調の店内

荒木屋

TEL/0853-53-2352

住所/出雲市大社町杵築東409-2

営業時間/11時~17時(無くなり次第閉店)

定休日/水(祝日の場合は翌日休み)

アクセス/山陰道出雲ICより20分

駐車場/20台(無料)

「荒木屋」の詳細はこちら

2.手打ちそば昌庵の『いただきのざる定食』1030円【鳥取県 米子市】

鳥取名物を特製そばと一緒に。ハレの日に振る舞われた鳥取のご馳走をいただきます!

手打ちそば昌しょうあん庵「いただき」は境港の有名店「こめや産業」のもの。別名「ののこめし」

いただき

ローカル度 ★★★★★

江戸末期から続く鳥取西部の田舎飯。生米と生野菜を油揚げに詰めてだし汁で炊いたもので、昔は特別な日に家庭で作り、近所に振る舞われた。

地元客で賑わう手打ちそばの店。コシのあるそばに地元醤油で作るまろやかなダシが合う。ほか、いただきやさざえ飯など郷土の味も揃える。手打ちそば昌しょうあん庵ざるそばにいただきが2個セット
1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。