ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「ベルサイユ宮殿」にホテルとレストランがオープン!料理に腕をふるうのはアラン・デュカス氏

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ベルサイユ宮殿は、ユネスコ世界文化遺産にも登録されている世界的に有名観光地。ですが、一部がホテルとレストランになると宮殿から発表がありました。

下の写真を見ると場所がわかります。

60年間に及ぶ賃借権を得たのは、フランスとアルプスに高級リゾートやホテルを経営する「LOV Hotel Collection」と、史上最年少で三つ星を獲得したことで知られるフレンチシェフのアラン・デュカス氏。
貸し出される建物はGrand Controle、Petit Controle、First hundred steps pavilionの3棟で、Grand Controleはかつて財政局として使用されていた場所です。総敷地面積は約2,800平方メートルと「Le Parisien」は伝えています。

内装にも期待しちゃいます!

Conde Nast Traveler」によると、リノベーションなどを含め、ホテルとレストランにかかる費用は1400万ユーロ(約17億円)。客室は20部屋を予定しており、「クラシカルで洗練された18世紀のスタイル」になるそう。

レストランの名まえはまだ未定ですが、高級フレンチレストランになると宮殿側は話しています。オープンは2018年と、ちょっと先。

フランスのモン・サン・ミッシェルやスペインのアルハンブラ宮殿、オーストリアのシェーンブルン宮殿などに並び、泊まれる世界遺産として期待が高まりますね。楽しみ!

Top Photo by SAHACHAT SANEHA / Shutterstock.com
Licensed material used with permission by CHATEAU DE VERSAILLES

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP