ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung SM-C5000(Galaxy C?)は4GB RAMを搭載している模様

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsung が今後投入すると見られている「Galaxy C」シリーズ(SM-CXXX)の一つ「SM-C5000」がベンチマークサイト GeekBench で発見され、約 4GB RAM を搭載している可能性が浮上してきました。Galaxy C の名前はインドの Zauba で発見された「SM-C5000」の型番規則から推測されていることで、まだ公式にこのシリーズがあるのかどうかは確定していません。GeekBench の情報によると、SM-C5000 は Android 6.0.1、Snapdragon 615 1.5GHz オクタコアプロセッサ、3.7GB RAM を搭載しています。プロセッサと GeekBench のスコア的にはミッドレンジクラスと考えられますが、RAM は仕様上 4GB 搭載しているはずなので、一部のスペックを重視している模様です。SM-C5000 については Zauba のデータベースで 5.2 インチディスプレイを搭載していることが確認されています。ミドルサイズのそこそこスペックの高い端末になりそうです。Source : GeekBench

■関連記事
Galaxy S7 edge で“ながら”作業を可能にするマルチタスク機能「スワイプでポップアップを紹介

曲名検索アプリ「TrackID」が4.4.B.0.2にアップデート、UIカラーが一部変更

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP