ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

氷で作られた楽器で奏でるコンサート「ICE MUSIC」が幻想的すぎる!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スウェーデン北部の都市ルレオで開催されている「ICE MUSIC」は、氷で作られた楽器による演奏会。アイスバーやアイスホテルなど、“氷でできた◯◯”は数あれど、まさか楽器まで作ってしまうとは!しかも、ライトアップされてかなり幻想的なんです♡

ヴァイオリン、ヴィオラ、
チェロ、コントラバス…
そのすべてが氷製!

Photography by Karin Aberg

こちらのティム・リンハートさんが、氷(ICE)の楽器(INSTRUMENTS)を意味する「ICESTRUMENTS」の製作者。

Photography by Karin Aberg

ヴァイオリンやヴィオラ、チェロ、コントラバス、木琴、ドラム…。それらすべてが氷で再現されています。内部に熱を発しないLEDを入れることで、色鮮やかな楽器が完成。

Photography by Karin Aberg

この楽器を使って演奏されるコンサートが「ICE MUSIC」。

Photography by Karin Aberg

演奏者の体温で溶けてしまわないよう、ロープで吊り下げて弾いています。

Photography by Graeme Richardson

カラフルで綺麗…。

Photography by Graeme Richardson

Photography by Graeme Richardson

演奏会はすでにこの街の「冬の風物詩」となっている模様。室内の気温は、なんとマイナス5度!“世界一寒い場所”で開かれるコンサートと言えるかもしれませんね。

それでは、気になる音色と幻想的な光景を以下の動画でどうぞ!42秒あたりから、実際の雰囲気を楽しめます。

「氷の音楽」をご覧あれ!

Licensed material used with permission by ICE MUSIC,P2 Photography

関連記事リンク(外部サイト)

2000発のボールでピタゴラス式に演奏。この謎の楽器、かっこいい!
究極の一期一会!スウェーデンの「誰か」とつながる電話番号

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP