ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ONIGAWARA「J-POPになって死にたい」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

J-WAVE土曜の夕方の番組「Mercedes-Benz Music Factory」(ナビゲーター:グローバー)。4月16日のオンエアでは、話題の音楽ユニット・ONIGAWARAが登場しました。

ONIGAWARAは2013年に解散したバンド・竹内電気の元メンバーである竹内サティフォさんと斉藤伸也さんにより結成された音楽ユニット。まず話は、ONIGAWARA結成のいきさつから。

竹内電気の解散後、「『斉藤とまた一緒に音楽を作りたい』と思った」竹内さんが、斉藤さんに話を持ちかけたものの、一度は断られたそう。ところがその数ヶ月後、斉藤さんが当時勤めていた仕事を嫌になったという理由で、ONIGAWARAを結成することに。ちなみに、竹内電気の時はギターを担当していた斉藤さんですが、現在の担当は“ガヤ”。身一つでライブを盛り上げているそう(笑)。

さらにスタジオでは、岡村靖幸さんの名曲「だいすき」のカバーを披露。グローバーに「DNAの配列が同じ」と言われるほど、岡村靖幸さんをリスペクトしているというONIGAWARAのお二人。

竹内:この曲の「女の子のために今日は歌うよ」という歌詞が本当に大好きで。やっぱり男に生まれたからには女性のために歌ってなんぼだ、と。

グローバー:男は女のためにってことですね。

竹内:この言葉を胸に詩を書いたりしています。

グローバー:斉藤さんはいかがですか?

斉藤:(岡村さんは)日本一ピュアな男性シンガーソングライターだと思っています。

そして最後に、自らを“SUPER J-POP UNIT”と名乗るONIGAWARAの思うJ-POPの魅力について語りました。

クローバー:お二人にとってJ-POPとはなんですか?

斉藤:それが見つかってしまってはダメな気がするんですよ。

クローバー:なるほど。

斉藤:色々な文化が日本っぽくデフォルメされ、小型化されて。うまいこと組み合わさった音楽であり、僕たちもそこを目指していきたいですね。

竹内:(J-POPは)憧れですね。J-POPになりたいんですよ。最終的に、J-POPになって死にたいですね(笑)。

とにかくJ-POPにこだわり、これから大注目のONIGAWARA。ぜひ、彼らのライブに足を運んで、生のJ-POPを体感してみては?

【関連サイト】
「Mercedes-Benz Music Factory」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/musicfactory/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP