体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

平日朝7時。赤坂見附で、極上の朝食バイキング

生活・趣味

都内で朝から極上の体験ができる場所…それは、ホテルの朝食バイキング。

もちろん、ただのバイキングではありません。

国内でも絶品の味が堪能できて、「最強の朝食」の呼び名にふさわしい、赤坂見附にある「ホテルニューオータニ」の朝食バイキングなんです!

169種類。「最強の朝食」がおもてなし

赤坂見附から徒歩約3分、ホテルニューオータニ内の『SATSUKIの朝食バイキングは、別名「最強の朝食」。

宿泊客じゃなくても楽しめるこのバイキングは、169種類もの和洋中が食べ放題になっています。

焼き立てのクロワッサンに、スーパーフードづくしのサラダ&ジュース、本格点心や目の前で作ってくれるオーダーメイドのオムレツ、上品な味付けの和食、糖度の高い自然な甘みのフルーツなどなど…。

旬の食材を使ったお皿の上でまぶしく輝く料理は、味はもちろん、見ているだけで幸せに。

通常なら、1杯1,000円前後するコーヒーと紅茶も、朝食バイキングの間は何杯でもおかわり自由。

朝一番の舌に、贅沢すぎる極上の体験をさせてくれます。

早起きはやっぱり得!

20160418_satsuki01.jpg

パレタコシーダイベリカセミデボーン(骨付きハム)

SATSUKI』の朝食バイキングは3,300円(税抜・サービス料別)。

朝食という部分だけを見ると安くはないですが、ニューオータニレベルの食事が食べ放題となると決して高くはありません。

朝食ビュッフェの時間帯は、7時~10時まで。

ということは、食べ始める時間が早ければ早いほど、まるで時間無制限のような感覚でバイキングが楽しめるということ!

がんばって早起きした分、しあわせな時間が長く続きます。

周囲は長居するお客さんや朝から大騒ぎする人もおらず、落ちついてバイキングを満喫できることがメリット。

ディナータイムよりもずっと安い金額で、ゆったりとしたひとときを味わえます。

平日も休日も最高の一日に

朝食バイキングは平日も休日も関係なく予約なしでOK。ゴールデンウィーク中など、祝日の利用制限や価格の変更もありません。

始業前のバイキングで一日分のパワーを補給するもよし、休日に女友だちと極上の体験をするもよし。

宿泊客も多いので、ひとりでも気兼ねなく楽しめることもうれしいポイントです。

筆者が以前、友だちと訪れた際は、舞い上がってオムレツや讃岐うどんなど和・洋・中をひととおり味わったため、夕方まで満腹状態に…。

料理はかなり広い範囲に用意されているので、最初はいきなりお皿に盛るのではなく、まずはどんな料理があるのかバイキング内をひととおり見てから取るのがコツ(笑)。

カリカリのベーコン、チーズやナッツ類、フルーツも全部おいしいうえ、コーヒーのおかわりを聞いてくれるスタッフさんのタイミングも抜群。

1 2次のページ
グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会