ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

本屋大賞発表後、書店員が「今」売りたい本は?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

J-WAVE土曜の番組「SEASONS」(ナビゲーター:マリエ)のワンコーナー「MAKE TOMORROW BEAUTIFUL」。4月16日のオンエアでは、「2016年 本屋大賞」の上位3作品と、書店員オススメの2冊を紹介しました。

全国の書店員が“一番売りたい本”を選ぶ「本屋大賞」。今月12日に今年の結果が発表されて話題になりました。大賞のほか、上位3作品をTSUTAYA TOKYO ROPPONGI の文芸コンシェルジュ、大野シズコさんに教えていただきました。

3位『世界の果てのこどもたち』中脇初枝
発表された2015年は戦後70年。国籍も境遇も異なる育った少女たちが出会いますが、再び戦争で離ればなれになってしまいます。

「友情は育まれてはいるんですけど、勝った国、負けた国によってそれぞれ立場が違って、また離ればなれになってしまう。そういう戦争が子どもたちの人生を変えてしまう、だけれども、その戦争によって結ばれた友情もあったという、悲しいだけじゃない心温まる話です」(大野さん、以下同)

2位『君の膵臓をたべたい』住野よる
偶然、主人公が病院で拾った一冊の文庫本。それはクラスメイトの女子生徒が綴っていた秘密の日記帳でした。そこには彼女の余命がすい臓の病気によって、もういくばくもないと書かれています。

「ミステリーではなく、ラブストーリーなんですが、予想を裏切る結末まで一気に読んでしまうような物語でした」

大賞『羊と鋼の森』宮下奈都
少年がピアノの調律師と出会ったことで、世界の美しさを見出し、調律師を目指して行く物語。

「主人公がコツコツと努力して調律師を目指してく中で美を見出して行く姿に、すごく自分も前向きになれましたし、爽やかな読後感をもつ静謐(せいひつ)な作品となっております」

以上のように本屋大賞の結果が発表されましたが、大野さんが「今」オススメの本は何なのでしょうか。

『おめかしの引力』川上未映子
「川上さんが今までの『おしゃれ』に対する心構えや失敗談などを繰り広げている面白いエッセイです。ただ『あるある』で共感を誘うだけでなく、すごくその先に示唆が富んでいて、川上さんらしいエッジの効いた考え方が垣間みれて背筋が伸びるような作品です。私がすごい好きなのは、つい素敵なドレスに出会ってしまったが高価なプライスだったときの話。川上さんは、残りの人生でこれを買ったら1日いくらで元を取れるか日割り計算をするらしくて、すごく女の人の心を掴んでいらっしゃる表現だなと思いました」

同じく同店の文芸コンシェルジュ・山下アヤコさんにもオススメを聞いてみましょう。

『ごはんぐるり』西加奈子
「人が生きていく上で欠かせない“食”を、さまざまな側面から書いた本。本に出てくる料理の方が、実際の料理よりも美味しそうに感じるとか、作家さんならではのことが書かれていて興味深いです。西さんの作品は『女の子は、いつまでも女の子で色んなことを欲張って生きていっていいんだ』って感じさせてくれるものがすごく多いので、頑張って生きてる女性にぜひ読んでもらいたいです」(山下さん)

リアルな書店員さんが売りたい2冊の本、いかがでしたでしょうか? 本屋で迷ったら書店員さんに「一番売りたい本はどれですか?」と聞いて本を買うのも楽しそうですね。

【関連サイト】
「SEASONS」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/seasons/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP