ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

髪と頭皮にまつわる定説 ドライヤーの熱は髪を傷めるなど

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1年間を通じて紫外線指数が高くなる4~5月。体のてっぺんにある頭皮もダメージを受けるシーズンだけに、髪と頭皮を傷めないように心がけたい。そこで、髪と頭皮のケアにまつわる真偽をAACクリニック銀座院長の浜中聡子さんに聞いた。

Q:ドライヤーの熱は髪を傷める?

「むしろ自然乾燥のほうが傷みます。頭皮には皮膚常在菌がいて、頭皮を保湿して正常な弱酸性を保っています。濡れたまま放置すると、雑菌が繁殖し、かゆみやにおいの原因になります」(浜中さん)

Q:カラーリングした日はシャンプーをしないほうがいい?

「サロンでカラーリングをすると、ヘッドスパやトリートメントをすすめられますが、これはカラーリングでアルカリに傾いた髪や頭皮を中和するため。髪のダメージを抑える効果もあるので、お金と時間に余裕がある時はお願いしてみて。カラー剤を定着させるためにも、サロンから帰ったらその日は髪を洗わず、シャンプーは翌日以降にしましょう」(生活美容ジャーナリストの山岸敦子さん)

Q:女性の薄毛は遺伝と関係ない?

「男性の薄毛は遺伝が関係するといわれています。しかし女性の場合は、特定の遺伝子は解明されていません。環境や生活習慣など後天的な要因で薄毛になっているケースが多いように感じています。日頃から髪によい生活を心がけて」(浜中さん)

※女性セブン2016年4月28日号

【関連記事】
髪の毛の老化を防ぐには亜鉛などを 過剰な飲酒・喫煙もNG
女性の薄毛トラブルは低体温で発生する例も 低体温改善も必要
女性専門の「頭髪外来」 8年間で患者数約5倍に

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP