ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「かかりつけ薬剤師制度」の料金設定と登録方法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年の4月は、2年に1度の診療報酬改定の時期にあたり、医療の仕組みが変わる。薬局の改定の目玉は「かかりつけ薬剤師制度」の新設と、「お薬手帳の料金改定」だ。

 健康意識の高い、日本一の長寿県・長野県佐久市などでは、すでに多くの人が自主的に「かかりつけ薬局」を持っている。病院受診後、処方箋を門前薬局ではなく、自分の行きつけの薬局に持っていく。どこの医者にかかっても、その薬局に行くから、薬剤師とも顔なじみ。投薬をトータルで把握してもらえ、相談がしやすく、不調にも気づいてもらいやすいのだそうだ。

 こうした「かかりつけ」のメリットを制度化して推奨しようというのが、今回の「かかりつけ薬剤師制度」。患者は信頼できる薬剤師を選び、契約を結ぶことで、自分が服用するすべての医療用医薬品(処方箋により調剤された薬)や市販薬、さらには健康食品、サプリメント、栄養剤も含めて管理してもらえる。

 そればかりか、健康や投薬に不安を感じたときは、夜間や休日など薬局の営業時間外でも24時間電話で相談できるのだ。医療、薬事に関する問題に詳しい薬剤師の高橋秀和さんは、次のように解説する。

「制度の目的は、医療費削減と医療の質向上の両立です。厚生労働省は『地域の開業医をかかりつけ医とし、かかりつけ薬剤師を持ちましょう』とすすめています。

 患者さんの体質や病歴、服薬歴を熟知した医師・薬剤師が治療を担当すれば無駄も減り、医療の質もよくなります。時間外でも対応できれば、患者さんも安心ですし、救急受診も減ります。地域の患者さんを地域の医療者で、より親密に守っていこうということです」

 では、当制度の気になる料金と登録方法について見ていこう。

【料金】
 困ったときに24時間いつでも健康相談ができるなんて、結構な金額がかかるのでは…と思ってしまうが、「かかりつけ薬剤師指導料」は700円(調剤報酬点数は70点)。

 かかりつけ薬剤師を持たなくても、薬剤師の技術料金(薬剤服用歴管理指導料)は500円かかるので、その差額は200~320円(お薬手帳の有無で変わる。)。患者側の負担は、その1~3割なので、実際には、最大で100円程度の追加料金しかかからないのだ。

 なお、かかりつけ薬剤師が不在の場合は、同じ薬局の別の薬剤師が代わりに担当するが、その場合は「かかりつけ薬剤師指導料」は適用されない。

【登録方法】
「かかりつけ薬剤師」は誰でもなれるわけではない。実務経験3年以上、当該薬局の在籍6か月以上、1週間の勤務時間が32時間以上などといった条件が設けられているので、患者としては安心。

 同意書を交わしたら、その薬剤師の出勤日が知らされ、基本的に毎回、その薬剤師が担当してくれる。

※女性セブン2016年4月28日

【関連記事】
薬局増で薬剤師不足が深刻化 「初任給30万円」でも雇えない
かかりつけ医の見つけ方・医師の本音や外国の事情が分かる本
ケチと思われたくないのかジェネリック使う患者3割もいない

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP