ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

海外留学時の三浦知良 雑誌『Momoco』を取り寄せていた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 いまのようにアイドルがネットで情報を発信することも握手会で触れ合うこともなかった時代に、気になる彼女の“素顔”を教えてくれたのは「雑誌」だった。とりわけ数多くの人気アイドルを輩出したのが、『BOMB!』と『Momoco』(ともに学研刊)の“姉妹誌”だった。

『Momoco』は『BOMB!』の姉妹誌として1983年11月に創刊された。『Momoco』で副編集長を務めた鎌田孝一氏が創刊当時を振り返る。

「『BOMB!』は判型が小さかった(A5判)ので、誌面のインパクトを求めてA4変形の『Momoco』を立ち上げた。天才と呼ばれた『BOMB!』の木下一夫編集長が『Momoco』の創刊編集長を兼任していた」

『Momoco』の看板アイドルといえば名前が同じ菊池桃子だが、実は誌名とは全く関係なかったのだという。

「学研で『SanSun』というファッション誌が創刊されるにあたって、『Momoco』も誌名の候補にあった。我々も『BOMB!』の姉妹誌を作ることが決まっていたので、その名前を貰ったんです。

 ちょうどその時、デビューを控えた桃子の売り込みが偶然にも重なり、『名前も同じだし良いじゃないか』という編集長の鶴の一声で彼女を看板として売り出した。天才編集者と100年に1人のアイドルの出会いが生んだ奇跡だった。桃子は雑誌を愛してくれていたから、冬の寒い撮影でも文句1つ言わず笑顔で対応してくれた。僕らもみんな彼女が好きでした」(同前)

『Momoco』の読者層は、『BOMB!』よりやや上の大学生以上が主だった。同誌の人気企画は、全国の美少女を探し歩いて誌面で紹介する「Momocoクラブ」だ。

「ここまで大々的に素人女性を取り上げる雑誌は他にはなく、全国から応募があった。出張費をかけまくって会いに行っていました」(同前)

 その「Momocoクラブ」からは西村知美、酒井法子、杉浦幸、将棋棋士の羽生善治名人の妻になった畠田理恵ら錚々たる面々が羽ばたいた。

 アイドルへの直球インタビューも人気を博した。“中学生の妄想”的な質問が多かった『BOMB!』に比べ、登場するアイドルの年齢も少し高めの『Momoco』は、さらに“生々しい”インタビューで攻めた。その中に、ブレイク前の山口智子に敢行した衝撃のインタビューがある。

「ファースト・キッスは?」の質問に「(小さい声で)高2のときかなあ……」という回答を引き出すと、すかさず「ついでに下の方のヘアが生えてきたのは?」と驚きの問いを重ねたのだ。これに山口は、

「(小声で)中学に入ってからかなあ。遅い方ですね、きっと」

 とまさかのマジ回答。続け様に「ちなみに濃い方? 薄い方?」と聞かれた山口は、「フツーです! もうっ!」。

 後の大人気トレンディ女優による衝撃のヘア告白は他ではまず読めないだろう。これらは作り手の「情熱」が生み出したと鎌田氏は述懐する。

「現場が面白くないと読者に届かないから、インタビューは『BOMB!』以上にラディカルに切り込んだ。アイドルのマネージャーに『こっちのほうが引きがあるから』って口八丁でね。ヘアの話なんて今のアイドルじゃ絶対許されないけど(苦笑)、素人を育てていたからアイドルも家族のような存在だった。スターにしてあげたいという想いが通じて、許された部分が多かった」

 そんな同誌のファンは各界にいた。なんと当時、鎌田氏はブラジルにサッカー留学中だった三浦知良、モナコでトレーニングしていた鈴木亜久里に頼まれて『Momoco』を日本から送本していたという。

※週刊ポスト2016年4月22日号

【関連記事】
950曲掲載 ジャケットだけでも楽しいアイドルディスクガイド
伝説的アイドル誌『BOMB!』 今では驚きのアイドルへの質問
クリス松村が独自視点で綴ったアイドル論 特典商法に警鐘も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。