ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ラグビーW杯協賛宝くじ 東西「2大聖地」近くの売り場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 五郎丸歩選手(30才)の活躍で日本中を熱狂の渦に巻き込んだラグビーワールドカップ。2019年の次回大会は東京で開催されるが、それに向け4月20日から『ラグビーワールドカップ2019協賛くじ』が発売される。

 そこで記者は、ラグビー日本代表の“勝負の魂”にあやかって、東西2大聖地の売り場を取材した。まずは東の聖地・秩父宮ラグビー場(東京・港区)。“神宮の杜”の中にある伝統のグラウンドでは、ラグビーのトップリーグや日本選手権の試合が行われる。

 ここから歩いて7分ほどの場所にあるのが『宝くじロトハウス・青山ツインビル店』だ。

「2008年5月にオープンした比較的新しい売り場なんですが、開店からしばらくはなかなか高額当せんが出なかったんですよ。顔なじみのお客さんから“もうすぐ大きいのが出るわよ”と、逆にこちらが励まされる毎日でした(笑い)」(売り場責任者・馬場和子さん)

 ラグビーのように仲間同士の励まし合いが奏功したのか、2012年にロト6の2等約3800万円が出ると、同年サマージャンボの1等・前後賞合わせて5億円、など高額当せんが続出した。

「ターミナル駅(青山一丁目駅)からすぐなので、サラリーマンやOLさんのほか、お年寄りのかたも多くいらっしゃいます。ラグビー場からも近いので、今回のくじは、この売り場ではすごく人気が出ると思います」(前出・馬場さん)

 一方、西の聖地は高校ラグビーの会場として有名な花園ラグビー場(大阪・東大阪市)。そのお膝元にあるのが『瓢箪山チャンスセンター』だ。2008年の年末ジャンボで1等3億円、昨年のドリームジャンボでは1等・前後賞合わせて6億円が出ている。

 店頭には瓢箪山という地名にかけて瓢箪と打ち出の小槌が飾られているが、最近になって“ラグビー御守”が加わった。

「高額当せんを祈願して、近くの『吉田春日神社』に参拝に行ったんです。この神社には大きなラグビーボールが奉納されていて、選手もよく訪れる別名“ラグビー神社”。その勝ち運にあやかって、高額当せんの期待も膨らみますよ」(店長・福永益男さん)

 今回の宝くじは枚数限定で、売り切れ次第終了。電光石火の“トライ”で目指せ高額当せん!

※女性セブン2016年4月28日号

【関連記事】
宇部市宝くじ売場 1等続出で09年からの高額当選総額13億円
宝くじの億当せん・総額21億円当たった静岡の売場に県外客も
ラグビーW杯協賛宝くじ 200円くじとしては賞金最高額

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP