ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【旅行者に一番人気の美術館】在住者が教える「メトロポリタン美術館」攻略法

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

トリップアドバイザーで「世界の人気美術館・博物館トップ25」の1位に選ばれているニューヨークのメトロポリタン美術館。名画、彫刻、装飾品総数300万点の美術品を所蔵していると言われます。この世界最大級の美術館を見て回るのは、体力勝負。

ニューヨーク在住者が、実際のところをお教えしましょう。

● 1日では見きれません。
● 広いので、自分の見たいものまで行き着くのに一苦労。
● 地図(日本語版あり)を見ても、迷います(美術館員でも地図が分からないことがあります)。
● 美術館の床は固く、足腰が痛くなります。

殆どの旅行客が、「お目当ての絵画よりも、ひたすら歩き回ったことだけが記憶に残った」と語っています(苦笑)。ノルマを課すように見るのが、美術鑑賞とは思えません。

そこで、ニューヨーク在住の筆者が、疲れない「メトロポリタン美術館」(以降METと省略)の過ごし方をおすすめしたいと思います。駆け足で有名作品を追いかけず、欲張らず、アートと時間を共有してみましょう。ご紹介するポイントを見れば、METに行った価値があり、疲れずに過ごせますよ。

【旅行者に一番人気の美術館】疲れない「メトロポリタン美術館」の過ごし方

1.デンドゥール神殿 The (Egyptian) Temple of Dendur(1階)

エジプトコレクションの中の「デンドゥール神殿」。METの一番人気。筆者も一番好きな場所で、ぜひ見てもらいたいエリアです。

【旅行者に一番人気の美術館】疲れない「メトロポリタン美術館」の過ごし方

エジプトの神殿を屋内に再現したということに、初めて見た時はビックリしました。

【旅行者に一番人気の美術館】疲れない「メトロポリタン美術館」の過ごし方

ガラスの明り採りの中でゆっくり佇めば、タイムマシンに乗らなくても、ローマ時代と現代を共有出来るのです。贅沢な時間だと思いませんか?

METは閉館後貸し切ることも可能(大変お高いです)で、コンサートやライブ、パーティ、ファッションショーが開かれることもあります。

【旅行者に一番人気の美術館】疲れない「メトロポリタン美術館」の過ごし方

2.アメリカンウィングの中庭 The Charles Engelhard Court in The American Wing(1階)

 
三層が吹き抜けになった、スペーシャスな空間。晴れた日を選んで訪れたい、METのサンルーム The Charles Engelhard Court in The American Wing。

【旅行者に一番人気の美術館】疲れない「メトロポリタン美術館」の過ごし方

ティファニーのステンドグラスも雰囲気を醸し出します。

【旅行者に一番人気の美術館】疲れない「メトロポリタン美術館」の過ごし方

中2階(Mezzanine)に上がってみると、ガラスのコレクションがあります。ここはほとんど人がいなくて、太陽光がガラスに当たるさまが綺麗。

【旅行者に一番人気の美術館】疲れない「メトロポリタン美術館」の過ごし方

窓の外には、セントラルパークの景色が見えますよ。

【旅行者に一番人気の美術館】疲れない「メトロポリタン美術館」の過ごし方

3.ヨーロッパ彫刻 European Sculpture Court(1階)

ヨーロッパの雰囲気が漂う空間。彫刻の中を歩いていると、映画の主人公になったような気がします。

【旅行者に一番人気の美術館】疲れない「メトロポリタン美術館」の過ごし方

学生が模写しているのを、そっと眺めたり。

【旅行者に一番人気の美術館】疲れない「メトロポリタン美術館」の過ごし方

4.中世美術 Medieval Sculpture Hall(1階)

何とも雰囲気のある場所がこちら。

【旅行者に一番人気の美術館】疲れない「メトロポリタン美術館」の過ごし方

年末には、ここにクリスマスツリーが飾られるそうです。一度見てみたいものですね。

【旅行者に一番人気の美術館】疲れない「メトロポリタン美術館」の過ごし方

1階地図(1-4の所在は、赤丸部分)
【旅行者に一番人気の美術館】疲れない「メトロポリタン美術館」の過ごし方
(C) Met Fifth Avenue Map

5.中国庭園 The Astor Chinese Garden Court(2階)

日本の文化のルーツは中国だと再認識する、中国庭園。アジアのものは、やはりホッとしますね。

【旅行者に一番人気の美術館】疲れない「メトロポリタン美術館」の過ごし方

くぐると別世界へ行けるという、月を模すAstor Court moon gate。

【旅行者に一番人気の美術館】疲れない「メトロポリタン美術館」の過ごし方

世界遺産庭園 網師園がモデルになっているそうです。財閥アスター家が中国から職人を呼び寄せて作った、月見の庭。ニューヨークで中国風のお月見も乙なものなどと考えながら、休憩するのに向いたスペースです。

[Chinese Garden Court]

【旅行者に一番人気の美術館】疲れない「メトロポリタン美術館」の過ごし方
2階地図(中国庭園は、赤丸部分)
【旅行者に一番人気の美術館】疲れない「メトロポリタン美術館」の過ごし方
(C) Met Fifth Avenue Map

アメリカの美術館の良いところは、ベンチや座れる場所があって、いつでも休めることです。素敵な空間に腰を下ろして、アートの雰囲気に浸りましょう。こんな大人の過ごしかた、素敵だと思いませんか?

メトロポリタン美術館(The Metropolitan Museum of Art) 

入場料は推奨額で25ドルとなっていますが、任意です。ただし、美術品の保存、修復には莫大な費用が掛かっています。大人ですから、アートに敬意を表した金額を支払った方が良いでしょう。

[All Photos by Hideyuki Tatebayashi]
※無断で画像を転載・使用することを固くお断りします。Do not use images without permission.

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。