ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

舌みがきって必要なの? 忘れがちな舌のケア方法

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
舌みがきって必要なの? 忘れがちな舌のケア方法

口臭予防に歯磨きはするけど、よく見たら舌が真っ白!これって全部取ったほうがいいの? 自分の体なのに舌のことってあまり知らない人も多いのでは?舌の状態とケア方法をまとめてみました。

舌をチェックしてみよう

「ベー」と舌を出して舌チェックをしてみましょう。舌を診る方法は舌診といわれ、病院を受診したときの【聴診器・脈拍・血圧】とセットになっています。飲食したものによっては色に変化が見られるので朝起きてからが適しています。舌診では、舌の形(肥大や亀裂、歯痕がないか)、舌の色(した全体の色)、舌苔(舌の表面にある苔状のもの)を診ます。正常な舌の状態とは、舌の形も大き過ぎず、色は淡い赤色で、ほんのり白い舌苔がある状態だそうです。

舌苔ってなに? 取らなきゃダメ?

舌苔(ぜったい)とは、舌の表面にある苔状のもの。健康な人でも薄くついているのが普通です。しかしオーラルケアを怠ったり、体調が悪いと舌苔が厚くなったり色に変化がみられます。白く厚い舌苔が増えるのは、体の中が冷えている時。黄色い舌苔は消化器の不調や食生活が良くない時にできます。舌苔が厚くなると口臭が起こる割合も多くなるので、正しいケアが必要。ただし、舌はデリケートな場所なので気にして舌を磨き過ぎると、炎症や味覚障害が起こったり、口内炎の原因にもなるので磨き過ぎは良くありません。

正しい舌のケアのしかた

舌みがきは朝一番に行います。舌のチェックも忘れずに。舌苔を取る専用の舌ブラシを使いましょう。歯ブラシで磨くのは、舌を傷つけてしまうためNG。歯磨き粉をつけて磨くのも良くありません。舌ブラシを水につけて、舌の奥の方から手前に向かって滑らします。ブラシを水で洗って再度舌をみがきます。3回~10回程度で終了します。これだけで口臭予防にもなり、舌のチェックもできるので毎日の習慣にしたいですね。

繰り返しますが、舌苔の取り過ぎは舌を傷つけてしまうので良くありません。朝の一回だけで十分です。専用のブラシもドラックストアや通販で売っているので舌にやさしく、舌苔を取りやすいものを探してみましょう。

writer:しゃけごはん

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。