体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

カメラ必須!今絶対見たい!関東・東北の絶景ビュースポット8

屏風ケ浦

日に日に暖かくなって、どこかにお出かけしたくなる気分ですよね。

そんな時にぴったりの、カメラ持参で訪れたい関東・東北の絶景スポットをピックアップしました。

この時期だけの花景色や新富士ビュースポット、雪の断崖、満開の桜、鍾乳洞など…圧倒的なスケールの絶景に思わず息をのみ、何度もカメラのシャッターを切ってしまうはず。

ぜひ愛用カメラを携えて、絶景スポットへ非日常を感じに行きましょう!

関東

1.国営ひたち海浜公園【茨城県ひたちなか市】

国内外から注目を集めるブルーの花絶景はマスト!

国営ひたち海浜公園

空と海とネモフィラの丘で視界360度が青一色に

国営ひたち海浜公園 昨年はネモフィラソフトの販売も

広大な「みはらしの丘」を一面真っ青に彩るのは、450万本のネモフィラの花。その広さは約3.5ha。毎年4月下旬~5月中旬に出現する天国のように幻想的な風景に年々ファンが増え、2015年に米国のニュース専門放送局による「日本の最も美しい場所31選」に選出されたことで、世界からも熱視線を浴びるように。一生に一度は見ておきたい! 国営ひたち海浜公園

TEL/029-265-9001

住所/茨城県ひたちなか市馬渡字大沼605-4

営業時間/9時30分~17時(季節により変動あり)

定休日/月(祝日の場合は翌日、無休期間有)、年末年始、2月第1火~その週の金

料金/入園料大人410円、小・中学生80円

アクセス/車:常陸那珂有料道路ひたち海浜公園ICより3分

駐車場/4350台(510円)

「国営ひたち海浜公園」の詳細はこちら

オススメ!DRIVE COURSE

ひたち海浜公園IC

↓車で3分

国営ひたち海浜公園(晴天日の昼間が◎)

↓車で12分

喰い道楽 すみよし

↓車で11分

大洗リゾートアウトレット

車で水戸大洗IC

喰い道楽 すみよし

喰い道楽 すみよし 手延べ蒸し麺がもちもちの食感♪

50年以上の歴史を持つ老舗で、ひたちなか市の郷土食、那珂湊焼きそばの元祖。ソース味と地元の蔵の醤油を使った醤油味がある 喰い道楽 すみよし(くいどうらく すみよし)

TEL/029-262-3551

住所/茨城県ひたちなか市湊中央1-5-12

営業時間/11時~20時(LO19時30分)

定休日/不定

料金/那珂湊焼きそば486円~

アクセス/車:常陸那珂有料道路ひたち海浜公園ICより12分

駐車場/10台

「喰い道楽 すみよし」の詳細はこちら

大洗リゾートアウトレット

大洗リゾートアウトレット ヤシの木が並びリゾート感満点!

海に面した開放的な空間で、お得に買い物が楽しめる。ファッションや雑貨のショップの他、地元の農産物や茨城の物産品が並ぶ店も。 大洗リゾートアウトレット

TEL/029-264-9123

住所/茨城県東茨城郡大洗町港中央11-2

営業時間/10時~19時(4月29日~5月5日は~20時/季節により変動あり)

定休日/なし

料金/入場無料

アクセス/車:北関東道水戸大洗ICより10分

駐車場/1500台(無料)

「大洗リゾートアウトレット」の詳細はこちら

2.羊山公園 芝桜の丘【埼玉県秩父市】

5月初旬に最盛期を迎える芝桜のパッチワークは必見!

羊山公園 芝桜の丘

ピンクの絨毯が敷かれたようなまばゆい眺めに夢心地

秩父のシンボル・武甲山の麓に広がるなだらかな丘陵に、9種類40万株以上の芝桜が開花。色とりどりの芝桜が織りなす春色のパッチワークは約1万7600㎡の広さにわたり、ちょうどGW時期に全体が染まって見頃となる。それに合わせて4/15~5/8(予定)には「芝桜まつり」が開催。特産市で屋台グルメのハシゴも楽しい。 羊山公園 芝桜の丘(ひつじやまこうえん しばざくらのおか)

TEL/0494-21-3298(芝桜対策本部4月15日~5月8日[予定])

住所/埼玉県秩父市大宮6360

営業時間/8時~17時

定休日/なし

料金/入園料大人300円、75歳以上250円、中学生以下無料(4月15日~5月8日のうち花の見頃期間のみ有料)

アクセス/車:関越道花園ICより50分

駐車場/300台(4月15日~5月8日[予定]のみ有料500円)※4月29日~5月1日・3~5日・7日・8日は園内一般車両通行不可。臨時駐車場よりシャトルバスを利用。

「羊山公園 芝桜の丘」の詳細はこちら

3.屏風ケ浦【千葉県銚子市】

地球のロマンを感じる景勝。黄昏に染まる東洋のドーバーへ。

屏風ケ浦
1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。