ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マネキンも新時代!?体型を自由に変えられるモデルを香港の大学が開発

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ショップのウィンドゥに堂々と立つ、たくさんのマネキン。そのコーディネートを参考に、服選びをする人も多くいるだろう。

しかし、ここに問題が1つ。マネキンたちの体型は、どれもハンで押したようにパーフェクト。同じものを着て似合うかどうか、見ただけで判断することは、決してできないのだ。

そんな課題にいち早く取り組んだのが、世界のトレンドセッターとしても知られる香港。理工大学テキスタイル研究所によって、自由にボディ形状を変形できるロボットマネキン「i.Dummy」が開発された。

・世界各国の膨大なサイズデータを元に開発

アメリカ、ヨーロッパ、日本、中国から収集した膨大なボディサイズのデータをベースに、製作された「i.Dummy」。

ウェブツールと連動し、クリックするだけで、体の形を自由に変えられるようになっている。任意のサイズはもちろん、あらゆる民族のほぼすべてのボディタイプに適応。わずか8秒で望む通りの体型が、そこに現れるのだ。

・アパレル業界が直面する問題も解決

人体計測とメカトロニクスの専門家チームによる、緻密な研究結果が結実した本プロダクト。彼らいわく、このマネキンによって、アパレル産業の常識ががらりと変わるのだという。よりユーザーフレンドリーな接客が可能になる上、これまで倉庫に抱えていた大量のマネキンの在庫も、一掃できるからだ。

「i.Dummy」はアジアアワードの他、23の国と地域で数々の賞を受賞。商用目的だけではなく、ファッションを学ぶ学生のための教育ツールとしても、大いに期待されている。

i.Dummy

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。