ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

北斎に並ぶ江戸のスター画家・伊藤若冲に迫る!美術手帖

DATE:
  • ガジェット通信を≫


美術手帖 2016年5月号
Fujisan.co.jpより

 

超絶テクニックの細密描写で人気を誇る、江戸時代の画家、伊藤若冲(いとうじゃくちゅう)を16日発売『美術手帖』で特集してます。東京都美術館で4月22日から始まる「若冲展」、代表作が一堂に揃う展覧会として注目を集めています。94年の特集「不思議! 若冲の細密描写」以来20年以上経ての特集、本号はいまだ謎多き伊藤若冲の人物像をひも解いていきます。

画家が語る若冲像

長らく忘れられた画家だった若冲を、「奇想の画家」「江戸のアヴァンギャルド」の名の元に再発見した辻氏が語ります。他にも、第153回直木賞候補ともなった小説『若冲』を著した小説家・澤田瞳子が、若冲が生まれ育った京都のゆかりの地から、その人物像を綴ります。「町衆」や「画僧」としての若冲、そして85年の人生の最期はどうだったのか。

 

マンガ『鬼灯と冷徹』で知られる江口夏実による若冲にまつわる描き下ろしマンガ、若冲と縁の深い相国寺の禅僧・有馬頼底が画家と禅の関係を語るインタビューも掲載。多様な視点を通して、「描くことしか頭にないエキセントリックな画家」というイメージを超えた、若冲の深い人間味が伝わるのではないでしょうか。

カテゴリー : エンタメ タグ :
マガジンサミットの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP