ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

人生最高のサンセットに逢える!?バリ島穴場スポット!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo Credit: Tomoka Aono 「海も山も楽しめちゃうチャンディダサ&バリ先住民の村トゥガナン探索」

こんにちは!Compathy Magazineライターのアオノトモカです。
大人気のリゾート地バリ島。クタやヌサドゥアは日本人にも大人気ですが、「もう少し静かな場所でリラックスしたい…!」なんて思う人も多いのでは? そんなあなたにオススメしたいのが、バリ島東部の町チャンディダサです。クタビーチのようにサーフィンやバナナボートなど、「ザ・観光地」と言えそうなアクティビティはありませんが、波の音を聴いて最高にリラックスできる環境がそこにはあります。

チャンディダサってどこ?

チャンディダサはバリ島の東側に位置する小さな町です。7〜9月がハイシーズンとなり、シュノーケリングやダイビングも楽しむことができます。ローシーズンの間は泳ぐのにはあまり適しませんが、美しい海と山に囲まれた素晴らしいロケーションで、静かなひとときを過ごすことができます。町のサイズも大きすぎず小さすぎず、十分バケーションを楽しめるだけのレストランやショップがあります。

最高のサンセット

Photo Credit: Tomoka Aono 「海も山も楽しめちゃうチャンディダサ&バリ先住民の村トゥガナン探索」

美しい海を望むことができる場所は、他にもたくさんありますが、ここのサンセットの美しさは群を抜いています! 海と空が大好きな私は、バリ島だけでなくフィリピン各地や湘南、沖縄など様々な場所で海に沈む夕日を見てきましたが、チャンディダサのサンセットは人生ベスト3にランクインするほどでした。

刻々と変わる空の色、それを反射して色とりどりに輝く海…。こんな素晴らしいサンセットを見られる場所はそうそうありません! Instagramでフィルターをかける必要は全くなし! 息が止まるほどの絶景を写真に収めることができます。しかも観光客が少ないので、静かに波の音を聴きながら最高の景色を楽しめます。

大人のナイトライフ

Photo Credit: Tomoka Aono 「海も山も楽しめちゃうチャンディダサ&バリ先住民の村トゥガナン探索」

ドンチャン騒ぎをするような派手なクラブは、チャンディダサにはありません。しかし、ライブミュージックを楽しみながらゆっくりとお酒を楽しめる素敵なバーはあります! 「田舎町だし、どうせバンドも素人のカラオケ大会のようなレベルでしょ…?」と思ったら大間違い。私が行った日はCool Bananasという地元バンドがビートルズなど定番のオールディーズを演奏していました。

そして私は一瞬で彼らのファンに…。あんなにレベルの高い演奏をこんなに小さな町で楽しめるとは予想していなかったのでびっくりです! ちなみに演奏の合間に、バンドのメンバーと交流することもできるので、とても楽しいひと時を過ごすことができました。

驚きのコスパ!

Photo Credit: Tomoka Aono 「海も山も楽しめちゃうチャンディダサ&バリ先住民の村トゥガナン探索」

私が今回泊まったのはTemple Café & Seaside Cottagesというオーストラリア人女性が経営する小さなコテージです。最も海側に位置するシービューコテージは、海側が大きな窓になっていて、部屋の中から美しい海と空を見渡すことができます。

あまりにも完璧な景色なので、もはや絵画のよう! しかし部屋の中でも聞こえる波の音が、それは絵画ではなく本物であると証明してくれます。

Photo Credit:
Tomoka Aono 「海も山も楽しめちゃうチャンディダサ&バリ先住民の村トゥガナン探索」

リーズナブルな宿舎ですが、ベッドもバスルームもとても清潔なので心配無用! 海と空の青の中に、白いテーブルセットが美しく配置されています。ここでホテルの食事を楽しんだり、本を読んだり、夕日を眺めることができます。これでなんとオフシーズンの期間は1泊Rp.380,000(約3200円。2016年3月現在)です!

大人のバケーションにオススメ!

チャンディダサはもちろん友達や恋人、家族との旅行先としてもオススメですが、一人旅の行き先としてもオススメです。波の音を聴きながら、海を眺めて瞑想し、自分と向き合ってみるのもいいかもしれません。

また、数日間の滞在を予定することをオススメします。たとえ1日しか予定していなくても、私のように予定外の延泊をしてしまうこと間違いなしだからです!

ライター:アオノトモカ「冒険女子」
Photo by: Tomoka Aono 「海も山も楽しめちゃうチャンディダサ&バリ先住民の村トゥガナン探索」

Compathyでこの旅の旅行記を見ましょう

*Tomoka Aono「海も山も楽しめちゃうチャンディダサ&バリ先住民の村トゥガナン探索」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP