ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

講義中に着信アリ!女子大生にスピーカーで話すよう罰ゲームを促した教授が謝罪へ(動画あり)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米・アクイナス大学のマクロ経済学教授は、“もし講義中にスマホが鳴ったらスピーカーにして皆に聴こえるようにして通話しなければいけない”という決まりを作っていました。

この日の罰ゲーム対象はひとりの女子大生。決まり通りスピーカーで話しましたが、衝撃的な連絡の内容にクラスは静まり返ってしまいました。
講義中に着信アリ!女子大生にスピーカーで話すよう罰ゲームを促した教授が謝罪へ(動画あり)

学生「もしもし?」。

電話「こんにちは。こちら産婦人科のケヴィンですが、テストの結果をお知らせしようと思いまして。陽性でしたよ。おめでとうございます!」。

え、妊娠通知!?

講義中に着信アリ!女子大生にスピーカーで話すよう罰ゲームを促した教授が謝罪へ(動画あり)

これには思わず教授も、「OK、OK、消していいよ」と焦り気味。しかし、彼女は話を続けます。

学生「ありがとうございます…」。

産婦人科「心配しなくてもいいですよ。父親とは別れてしまったと聞きましたが、私たちがずっとついていますからね。心配しなくて大丈夫。カウンセリングも、メンタルサポートも無料で受けられますよ」。

学生「ありがとう…。また後で電話しますね」。

周りの学生は口を手で抑えて驚いている様子。どことなく重い空気が…。もちろん、通話が終わったと同時に教授は即座に謝罪しました。
講義中に着信アリ!女子大生にスピーカーで話すよう罰ゲームを促した教授が謝罪へ(動画あり)

教授「みんなの前で謝らせて欲しい」。

学生「いいんです。わかっていたことだし。もう赤ちゃんの名前も決めてたんです」。

彼女はこう続けます。

学生「ファーストネームは“エイプリル”で、ミドルネームは“フール”」。

教室は爆笑の渦に!

講義中に着信アリ!女子大生にスピーカーで話すよう罰ゲームを促した教授が謝罪へ(動画あり)
講義中に着信アリ!女子大生にスピーカーで話すよう罰ゲームを促した教授が謝罪へ(動画あり)
講義中に着信アリ!女子大生にスピーカーで話すよう罰ゲームを促した教授が謝罪へ(動画あり)

このネタばらしには教授ものけぞるほどビックリ。しばらくウロウロしながら、何も言えなかったようですね。それに、最後に学生たちに向けて放った教授の一言が最高!
講義中に着信アリ!女子大生にスピーカーで話すよう罰ゲームを促した教授が謝罪へ(動画あり)

「今のは素晴らしかった!(笑)。誇りに思うよ」。

学生たちにしてやられたとはいえ、その仕掛けはよく考えられたもの。それに、仲の良さそうなクラスの雰囲気も印象的ですよね。一連の様子は以下の動画から確認できます。

あっぱれ!

Licensed material used with permission by Josh Weiland Photography

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。