ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

この春、弘前城が合体ロボに。テーマ曲は渡辺宙明&水木一郎!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

4月から放送のアニメ『ふらいんぐうぃっち』の舞台となっている青森県弘前市。日本一とも言われる弘前城の桜が有名で、毎年4月下旬からの「弘前さくらまつり」には、毎年全国から200万人以上の観光客が訪れています。4月16日にはソメイヨシノの開花宣言が出され、満開予想は23日となっています。

【関連:宇宙刑事ギャバンにサンバルカンも!現役作曲家・渡辺宙明90歳の『卆寿記念コンサート』CD化】

弘前城天守(現在は曳家でこの場所にはありません)

1916年に前身となる「観桜会」が開催されて、今年で100年となる「弘前さくらまつり」。今年は4月23日開幕予定(4月16日から「準まつり期間」として露店等は営業中)ですが、本丸特設会場で開かれるその開会式に、特別なイベントが行われます。なんでも弘前城が「合体ロボ」になるという……な、なんだってー!!

4月1日に弘前市が公開した特設サイトのULRを見ると末尾に「tamenoboon5」とついています。公式には発表されてませんが、弘前城合体ロボの名前は「タメノブーン5」みたいですね。タメノブとは、津軽藩初代藩主の津軽(大浦)為信のこと。公式ポスターを見ると、弘前城の5つの建物をモチーフにした5体のロボットが合体するようですね。

このイベントで、ロボットのデザインと共に披露されるというテーマ曲は、作詞が春風亭昇太さん、作曲が渡辺宙明さん、そして歌うのは水木一郎さん。水木一郎アニキが歌う宙明サウンドなんて、完全に「ホンモノ」じゃないですか。やったー!!

弘前城合体ロボ化計画は、弘前さくらまつり期間中に行われるイベント「HIROSAKI DESIGN WEEK(弘前デザインウィーク)『SAKURA』」の一環として行われるもの。事務局いわく「かっこいい曲になりました」とのことなので、どのような姿なのか、そしてどんな曲なのか、今から楽しみですね!

▼参考
弘前城お城ロボット特設サイト
HIROSAKI DESIGN WEEK公式サイト

(文:咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

『劇場版ウルトラマンX』はウルトラマン生誕50周年に相応しいお祭り映画
テレビのタブーを破った伝説アニメ『パタリロ!』 スペシャルプライスDVD-BOX発売へ
天気予報でよく使われる「花散らし」は実は隠語?ミヤネ屋指摘で話題

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP