ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

北海道の書店店主が個別に対応 「1万円選書」に注文殺到

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 北海道・砂川市の『いわた書店』は、文面を通じた1対1のコミュニケーションで本を勧める。

「又吉直樹さんの『火花』が240万部で大ベストセラーになっていますが、それでも人口の2%です。つまり書店は2%のお客さんの欲求に応えられれば、経営が成り立つんです」

 こう話す店主の岩田徹氏は2007年、客の人生観などを聞き取った上で1万円分の書籍を送る「1万円選書」を始めた。“カルテ”と呼ぶアンケート用紙には読書歴に加え、「人生で嬉しかったこと、苦しかったこと」「何歳の時の自分が好きか?」「これだけはしないと決めていることは?」「あなたにとって幸せとは?」などの質問が並ぶ。

 岩田氏は“カルテ”を丹念に読み、時にはメールでやり取りを重ねた上で本を選び発送する。「親の指示通りに生きてきてしまった」と後悔を綴った30代の女性には、児童虐待をテーマにした『きみはいい子』を選んだ。回答と無関係に思えるが、意図がある。

「その気持ちのまま過ごすと、子供にも自分の考えを押しつけ、気付かないうちに手を上げてしまう。言葉で忠告するのではなく、本というオブラートに包むと伝わりやすくなるはず」(同前)

 このほか、つかこうへいの『娘に語る祖国』など20年近く前に発売された名著も一緒に送った。「近道しようとするほど遠回りになる」という信念のもと、ベストセラーや自己啓発本、ハウツー本は基本的に選ばない。また、「1冊でも多く読んでもらいたい」と文庫を中心に選ぶ。

「1万円選書」を知って、直接選んでもらおうと人口2万人弱の小さな街にある書店に、全国から注文が殺到。沖縄からはるばる訪ねてきた客もいた。

「潜在的読者はたくさんいる。何を読めばいいのかわからないだけなんです」

 この取り組みで、昨年は前年比で売り上げ8%アップ。依頼が殺到したため、1年以上募集を停止していたが11日から期間限定で募集を再開。店頭で頼まれることも多いため、専用コーナーで1万円分のお勧め12冊を並べている。最近の店主のお勧めは箱根駅伝の学連選抜に着目した小説『チーム』。

 こうした個性派書店のアイデアと奮闘は、本の楽しさ、面白さを再び私たちに教えてくれる──。

■撮影/佐藤敏和

※週刊ポスト2016年4月22日号

【関連記事】
東京神保町の古書店 島崎藤村の直筆原稿を1000万円で販売中
谷崎潤一郎の自家用箋88枚の小説完全原稿 古書店で480万円
ベテラン書店員が綴る 出版・書店業界の現状に迫るエッセイ集

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。