ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

片岡愛之助と結婚した藤原紀香の結婚に厳しい批評 なんで?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ふたりが知り合ったのは5年前、友人関係を経て結婚するまでの道のりに紆余曲折あったからか、紀香の目には時折涙も。3月31日、歌舞伎役者・片岡愛之助(44才)と女優・藤原紀香(44才)は、大勢の報道陣に囲まれ、カメラに向かって晴れやかな笑顔を見せていた――。

 金屏風の前での結婚報告といえばDAIGO(38才)と北川景子(29才)が記憶に新しいが、そちらが超祝福ムードだったのに対して、こちらのふたりへの反応はまったく“真逆”の様子…。

 感極まるような表情は「うなずく仕草やまばたきが多く、言葉が本心でない証拠」などと分析され、会見のためにオーダーメードしたという着物は「洋風のユリはおかしい。梨園の妻として落第点」などと各メディアで厳しい批評がなされた。ネット上でも「自分に酔っている」「話し方がわざとらしい」などと散々だ。

 さらに、“口撃”は、外部からだけではない。

 愛之助の義父で歌舞伎役者の片岡秀太郎(74才)は、4月9日と目されていた紀香の梨園デビューに、「9日に初日を迎える金丸座は(中村)鴈治郎さんの襲名興行。鴈治郎さんが主役なので、愛之助たちが騒がれては配慮に欠ける。初日に行くのは遠慮するように」と“待った”をかけたのだ。

《今夏にはミュージカル“南太平洋”が控えておりますし、ライフワークとしてのボランティア活動も変わらず継続していきたいと思います》

 会見を終えた日のブログで紀香は、女優業への意欲を示したが、これにも猛批判。「梨園の妻はそんなに甘くない!」とバッシングが飛んでいる。

 でもちょっと待って。同じく梨園の妻となった三田寛子(50才)はタレントとしてバラエティーに出演しているし、一度は引退したものの女優に復帰し、ドラマなどでも活躍する寺島しのぶ(43才)の母・富司純子(70才)など、梨園妻でありながら自身の活動を精力的にこなす妻もいる。なぜ、紀香だけが集中砲火に? 作家の亀山早苗さんが言う。

「本当にどうしてなんでしょうね。ひとつ言えるのは、紀香さんは弱いところを見せないからかもしれません。離婚したときも、彼女はハツラツとしていた。やっぱりいつも強い女性って味方されにくいのかもしれません。

 大前提として、ネットやSNSの発達で“バッシング文化”がどんどん拡大しているのは事実です。何か攻撃する理由を見つけては批判する。(市川海老蔵と結婚した)麻央さんだって最初は相当悪口言われていたけど、本人がひたむきに頑張れば自然と認めざるをえない。これからが勝負ですね」

 女性の未婚率が増加する一方で、20代で約50%、30代で30%以上、50代でも約10%と、1度も結婚せずに一生を終える人は増えている。そんななか紀香は、2度目の結婚で金屏風というノリノリ。しかも、今回のお相手は、歴史と伝統の梨園でもトップクラスの人気を誇る歌舞伎役者だ。

 それにしても、芸能界を見てみると、紀香のようなバツイチモテ女に女性たちは手厳しい。バツイチモテの紗栄子(29才)や奥菜恵(36才)…いずれも、本人たちは幸せいっぱい。ただし、周囲からの視線はヒンヤリなのだ。前出・亀山さんはこう分析する。

「バツイチ女性は一度失敗しているだけあって、男に対して許容範囲が広いのかな。包容力があるのかもしれません。夫の価値観を変えちゃうくらいの強さに惹かれるのかも。でも、紀香さんといい、他のバツイチ女性といい、バッシングされるということは、それだけ関心があるということ。どうでもよかったら批判すらしません。

 それと、梨園だったり俳優だったり社長だったり、華やかな世界に入るという、自分では到底できないことをしていることへのバッシングですよね。要は嫉妬です」

※女性セブン2016年4月28日号

【関連記事】
片岡愛之助 藤原紀香と結婚となれば梨園ではさまざまな障壁
藤原紀香の結婚発表は最悪のタイミング 梨園のタブー破りも
藤原紀香 片岡愛之助と共演ドラマの試写会で見せた美脚

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP