ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

お弁当は交換日記 伊藤まさこの『おべんと帖 百』

DATE:
  • ガジェット通信を≫

J-WAVE土曜の番組「RADIO DONUTS」(ナビゲーター:渡辺祐・善奈)のワンコーナー「TOKYO GAS LIFE IS A GIFT」。4月16日のオンエアでは、スタイリストの伊藤まさこさんが登場しました。

伊藤さんは自他ともに認める“食いしん坊”で、スタイリストとしての仕事や子育てに奮闘しつつ、美味しいものを求めて日本各地はもちろん海外にも出かけます。そんな伊藤さんの『おべんと帖 百』は、お弁当を軸に母と娘の日々をつづったエッセイ。現在高校3年生の娘さんに、小学校から10年間、毎日お弁当を作ってきたそうです。

伊藤さんが使っているのは、娘さんが小学校入学のとき買った「曲げわっぱ」のお弁当箱。しかし彼女が中学生になった頃、「もっと可愛いピンクのが欲しい」と言われ、買い替えたこともあるそう。ところが、3ヶ月くらいで「もういい。こっちの曲げわっぱの方がおいしいそう」と、もとの曲げわっぱのお弁当に戻ったそうです。

「曲げわっぱ自体が呼吸をするので、すごくご飯がおしくなるし、作る人にとっても食べる人にとっても良いお弁当箱だなって、使ってみて実感しました。このお弁当箱も10年目なので、すごく思い入れがありますね」(伊藤さん、以下同)

そんなお弁当箱を使った毎日のお弁当づくりですが、伊藤さん母娘にとって、お弁当は大きなコミュニケーションツールだったと話します。

「私にとっては、娘に作るお弁当は交換日記みたいな感じかなぁ。すごい忙しい日があって、全然話せなくても、空のお弁当箱を見たら『今日は元気だったんだね』ってホッとするっていうか。『ごちそうさま』って行ってくれたら嬉しいとか。私も忙しいので、あまり構ってあげられないんですね。でもご飯だけはちゃんと作ろうっていうのは、お弁当づくりが始まったときに決めたことで。娘もそれを大事にしてることは分かってくれてると思う」

それは、こんなエピソードからも読み取れます。

「中学生くらいかな、『おいしかったよ、ごちそうさま』と言ってくれるようになったり、前は『ごちそうさま』って行ってポンと(お弁当箱を)置くだけだったんだけど、最近は洗ったりとか。お弁当を通してだんだん娘は大人になっているとか、成長を感じたりします。最初から考えると10年、大きくなったなと思います」

これを聞いた渡辺祐は、「娘さんに作るお弁当は交換日記。文章は書いてないけど、お互いにちゃんとそこには言葉がある、ということなんですね」とコメント。「1個の道具を長く大事に使うことも教えられるよね。(お弁当箱は)子どもにとって初めて、5年とか10年とかいう単位で1つの道具を使い続けるってことに気付く、ひとつのアイテムなんだなって気付きました」とも。

心温まる、母と娘のお弁当を通したエピソード。あなたはお弁当箱にどんな思い出がありますか?

【関連サイト】
「RADIO DONUTS」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/radiodonuts/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP