ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

死神の恋を描いたアニメ『The Life of Death』が、切なくて深い・・・

DATE:
  • ガジェット通信を≫

このアニメの主人公は「死神」でした。

その手で触れた動植物は皆死んでしまいますが、ある日どうしても触れられない存在に出会います。

一頭のシカでした。

触ってしまえばそれで最後。そんなことは百も承知の様子。

だからこそ、そっと近くに寄り添うようになったのかもしれません。


じーっと見つめては、目をそらしたり。雨が振れば、傘になったり。一緒に月を眺めたことも。

しかし、あるときシカは自ら死神へと歩み寄ります。死神も戸惑っていましたが…続きは下の動画で。

穏やかに、淡々と描かれた死神の恋物語。死生観を描いたものとも捉えられる内容で、すでに130万回以上再生されています。コメントには、死を受け入れることに対する考えを書く人も多く、考えさせられます。ぜひ全編を通して見てみてくださいね。

Licensed material used with permission by Marsha Onderstijn

関連記事リンク(外部サイト)

紙から文字が飛びでてくる!?トルコのグラフィックデザイナーが描く「3Dカリグラフィー」
カンボジア「伝統の森」に水車を設置し、電力自給を目指したい
これ、全部「Excel」で描いたんです。日本人男性によるデジタルアートが海外で話題に!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP