体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

防災から手ぶらBBQまで!今、知っておきたい都内公園

東京都公園

GWや天気の良いお休みの日には、家族みんなで公園散策してみませんか?
公園は、都市や住宅地のオープンスペースとして様々な活動拠点になります。普段は地域住民の憩いの場に。休日になればスポーツやBBQなど、園内の施設を利用しレクレーション。そして災害時には避難場所として重要な役目を果たします。
広い園内には大人から子供まで遊べるスペースが盛りだくさん。遊びにゆくついでに、いざ!という緊急時にそなえて、どんな場所だか散策しておくのも良いですね。


東京人【特集企画】歴史で歩く東京の公園【特集】いざという時の避難場所防災公園を知っていますか
Fujisan.co.jpより

有事には避難場所になる公園

防災公園には、災害時に避難場所に指定されている公園と、自衛隊、警察、消防等の部隊のベースキャンプとして指定されている公園、急病人などを搬送するための公園があります。

防災公園を知ろう

http://www.tokyo-park.or.jp/special/bousai/basyo.html

避難場所に指定されている防災公園には、地域住民が活用するための、インフラが切断された時のためにマンホールトイレや太陽光発電を活用した照明施設、日用品の備蓄などがあります。
そういった防災公園は、普段、何もなければ楽しくBBQやキャンプが出来る施設になっていることが多く市民の憩いの場になっています。そんな公園を都内を中心に、いくつかご紹介します。

江戸川区 『総合レクリエーション公園』

江戸川区の西葛西駅から葛西駅方面に、東西に約3キロメートルにわたり広がる『総合レクリエーション公園』。
広い敷地内には、BBQが楽しめる『富士公園』、花が楽しめる『フラワーガーデン』、夏季限定ではありますが『プールガーデン』、ポニー乗馬と、ハーブ園のある『なぎさ公園』。そして防災倉庫やマンホールトイレなどがある『葛西防災公園』など、テーマを持つ12の公園が集まっています。
総合リクリエーション公園HP

http://www.city.edogawa.tokyo.jp/shisetsuguide/bunya/koendobutsuen/c_recreation/index.html

江東区 『木場公園』

浦安から永代橋にぬける葛西橋通りを中心に南北に広がる公園。南側の端には東京都現代美術館があり、美術館巡りをした後に、芝生でごろ寝なんていうのも良いですね。ボートやテニス、サイクリング、植物園、BBQ、ドッグランなど、あらゆるレクリエーションが楽しめます。(ドッグランは登録制・BBQは予約制になります。) 

東京都建設局 木場公園HP

http://www.kensetsu.metro.tokyo.jp/jigyo/park/kouenannai/park/kiba.html

足立区 『舎人公園』

手ぶらでBBQが楽しめる公園として人気ですね。なんと!冬には鍋メニューも展開していました。3月~5月は50~100セットの団体注文を受け付けています。(GWは中止)。ちなみに都内には“手ぶらBBQ”が出来る公園が6つあり、そのうち5つが防災公園となっています。
東京都建設局 舎人公園HP

http://www.kensetsu.metro.tokyo.jp/jigyo/park/kouenannai/park/toneri.html

都内で“手ぶらBBQ”が楽しめる公園 

1 2次のページ
マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。